Hotel California/Eagles(1977)

Hotel California(ホテル・カリフォルニア)は、アメリカのバンドであるEagles(イーグルス)が1977年にリリースした曲。アルバム『Hotel California』に収録。今回はこの曲の歌詞を和訳していきます。

Hotel California/Eagles 歌詞和訳と意味

“On a dark desert highway, cool wind in my hair”
砂漠の暗いハイウェイ 冷たい風が髪をなでる
“Warm smell of colitas, rising up through the air”
コリタスのぬるい匂いが 空にただよう
“Up ahead in the distance, I saw a shimmering light”
遠くに目をやると きらめく光が見えて
“My head grew heavy and my sight grew dim”
頭が重くなり 視界が遠のいた
“I had to stop for the night, there she stood in the doorway”
今夜はもう泊まろう そう思うと入口に彼女が立っていて
“I heard the mission bell, and I was thinking to myself”
礼拝の鐘が鳴り 私は思いをめぐらせた
“‘This could be Heaven or this could be Hell'”
「ここは天国か地獄か…」
“Then she lit up a candle, and she showed me the way”
すると彼女は蝋燭に火を灯し 私を案内した
“There were voices down the corridor”
通路の先から聞こえた声は
“I thought I heard them say”
こう言っていたはず

“‘Welcome to the Hotel California”
「ホテルカリフォルニアへよく来たな
“Such a lovely place, such a lovely face”
この素敵な場所にあんたのような人が来るとは
“Plenty of room at the Hotel California”
ホテルカリフォルニアはまだまだ空きがある
“Any time of year, you can find it here”
一年中いつだって泊まれるんだ」

“Her mind is Tiffany-twisted, she got the Mercedes Benz”
ティファニー狂いで ベンツを持ってた彼女は
“She got a lot of pretty, pretty boys, she calls friends”
美少年を大勢はべらせ 友達を呼ぶ
“How they dance in the courtyard, sweet summer sweat”
甘い夏の汗をかいて 中庭で「ダンス」する彼ら
“Some dance to remember, some dance to forget”
思い出すために踊る人もいれば 忘れるために踊る人も
“So I called up the Captain, ‘Please bring me my wine'”
私はボーイ長を呼んだ 「ワインを持ってきてくれ」
“He said, ‘We haven’t had that spirit here since 1969′”
彼は答えた「1969年からそのような酒はご用意していません」
“And still those voices are calling from far away”
そしてまたあの声が遠くから聞こえていて
“Wake you up in the middle of the night”
真夜中に君が起きると
“Just to hear them say”
あいつらがこう言ってるんだ

‘”Welcome to the Hotel California”
「ホテルカリフォルニアへよく来たな
“Such a lovely place, such a lovely face”
この素敵な場所にあんたのような人が来るとは
“They living it up at the Hotel California”
誰もがホテルカリフォルニアで人生を謳歌してるんだぜ
“What a nice surprise, bring your alibis'”
こいつは驚きだ どうしてお前はここに?」

“Mirrors on the ceiling, the pink champagne on ice”
鏡張りの天井に 氷で冷やされたピンクシャンパン
“And she said: ‘We are all just prisoners here of our own device'”
彼女が言った「私たちは自分の意思で捕らわれた ただの囚人」
“And in the master’s chambers, they gathered for the feast”
ご馳走にありつこうと 皆が支配人の部屋に集まり
“They stab it with their steely knives”
鋼鉄のナイフでご馳走を突き刺すが
“But they just can’t kill the beast”
あいつらに獣を殺せはしない
“Last thing I remember, I was running for the door”
最後に覚えてるのは ドアへ走って逃げたこと
“I had to find the passage back to the place I was before”
元いた場所へ戻ろうと 私は通路を探した
“‘Relax,’ said the night man, ‘we are programmed to receive”
「落ち着け」と警備が言った 「誰だって歓迎することになってる
“You can check out any time you like but you can never leave!'”
チェックアウトは好きに出来るが 決して離れられないのさ!」

英語歌詞は「Hotel California(ホテル・カリフォルニア)」 – Eagles(イーグルス)より引用

Hotel California/Eagles 解説

Hotel Californiaの解釈は人によって大きく分かれます。冒頭のコリタスがマリファナの隠語であり、まるで幻想を見ているような描写もされていることから、麻薬のことを歌った曲である、と考える人もいます。

ですが作曲したドン・ヘンリー自身は「アメリカの文化の過剰さと知り合いの女の子たち(about the excesses of American culture and certain girls we knew)」のことを歌った曲だと述べているため、ホテル・カリフォルニアという架空のホテルを舞台にしたストーリーでそれを表現しているのだと捉えるのが正しい解釈だと思います。

カリフォルニア(≒ハリウッド、ロサンゼルス)の煌びやかな暮らしと、それに魅かれて訪れたが最後、二度と抜け出せない恐怖を、これほど印象的に描写した曲は後にも先にも現れないでしょうね。