Begging You/ 歌詞和訳と意味

[Intro]
I’m begging you
頼むよ

I’m begging you:お願いだから!頼むよ!の意味です。懇願する、心の底から頼む感じです。

[Verse 1]
The fly on the coach wheel told me that he got it
馬車の車輪に止まってるハエが「俺がつかまえた」と言った
And he knew what to do with it
そして彼はそれをどうすべきか知ってた
Everybody saw it
しっかりみんなも見てた
Saw the dust that he made
彼が作った埃をね

[Verse 2]
King bee in a frenzy, ready to blow
キングビーは狂喜乱舞し、ホルンを吹く準備をする
Got the horn good to go, wait-oh
ようやくホルンを手に入れたけど
his sting’s all gone
彼の針はすっかり消えてしまった
Now he’s begging you, begging you
お願いだから頼むよ

King bee:女王蜂を意味するQueen beeに由来する言語で偉そうな人、うぬぼれてる人といった意味で使われます。

[Hook]
I’m begging you
頼むよ

[Verse 3]
Here is a
警告する
The sky will divide
空は分裂するだろう
Since I took off the lid now there’s nowhere to hide
蓋を開ければ君に隠れる場所はない
Now I’m begging you, begging you
お願いだから頼むよ

[Verse 4]
This is a mystery not to be solved
これは解決できない謎だから
But be minded, like minded
心して聞いて
I’m gone, still I’m with you
僕が去っても、君と僕は一緒さ
I’m begging you, begging you
お願いだから頼むよ

[Bridge]
Give it over, give it over
あきらめな

[Verse 5]
Weigh it and say it, is it all in a name
重さを測って教えてあげる、名前のあるものだから安心して
Does it call you or maul you and drive you insane
君を呼ぶのか、君を打ちのめすのか、君を狂わせるのか
Can it make you remember, is a place
君も思い出してごらんよ、時間は場所さ
Now I’m begging you, I’m begging you
お願いだから頼むよ

[Verse 6]
The fly on the coach wheel told me that he got it
馬車の車輪に止まってるハエが「俺がつかまえた」と言った
And he knew what to do with it
そして彼はそれをどうすべきか知ってた
Everybody saw it
しっかりみんなも見てた
Saw the dust that he made
彼が作った埃をね
Make all the dust that you can
できるだけ埃を振り払うんだ
Make all the dust that you can
できるだけ埃を振り払うんだ

[Outro]
King bee in a frenzy ready to blow
キングビーは狂喜乱舞し、ホルンを吹く準備をする

曲名Begging You
(ベギング・ユー)
アーティスト名
(ザ・ストーン・ローゼズ)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
1(アルバム)

Begging You/ 解説

「Begging You」はマンチェスター(イギリス)のロックバンド、ザ・ストーン・ローゼズが1994年に発表した楽曲です。セカンドアルバム『』に収録されてます。

グルーヴ感溢れるヘヴィなダンスナンバーでストーン・ローゼズの所以たる楽曲です。個人的にはローゼスで一番好きです。

30年近く経っても似たようなバンドが現れないのは、やはりストーン・ローゼズが唯一無二のバンドだからでしょう。

歌詞はサイケデリックで意味不明です。