Burn It Down/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1: Chester Bennington]
The cycle repeated
繰り返されるサイクル
As explosions broke in the sky
また空で爆発が起きたんだ
All that I needed
俺に必要なのは
Was the one thing I couldn’t find
ひとつだけだよ、見つけられなかったけどね

[Pre-Chorus: Chester Bennington]
And you were there at the turn
君は岐路で待っててくれた
Waiting to let me know
俺を導くためにね

at the turn:岐路、変わり目、折り返し地点

[Chorus: Chester Bennington]
We’re building it up to break it back down
破壊するために築き上げるんだ
We’re building it up to burn it down
焼き尽くすために築き上げるよ
can’t wait to burn it to the ground
焼き尽くしてしまうまでなんか待てないから

[Verse 2: Chester Bennington]
The colors conflicted
衝突する色たち
As the flames climbed into the clouds
また炎が雲まで燃え上がってしまった
I wanted to fix this
俺なりに立て直そうとしたけど
But couldn’t stop from tearing it down
破滅を食い止められなかったんだ

[Pre-Chorus: Chester Bennington]
And you were there at the turn
君は岐路で待っててくれた
Caught in the burning glow
燃えさかる炎の中だったよ
And I was there at the turn
俺は岐路で待ってた
Waiting to let you know
君を導くためにね

[Chorus: Chester Bennington]
We’re building it up to break it back down
破壊するために築き上げるんだ
We’re building it up to burn it down
焼き尽くすために築き上げるよ
can’t wait to burn it to the ground
焼き尽くしてしまうまでなんか待てないから

[Bridge: Mike Shinoda]
You told me yes, you held me high
お前は俺にイエスと言い、高みに導いてくれた
And I believed when you told that lie
俺はその嘘を信じたんだ
I played soldier, you played king
俺は兵士になり、お前は王になったよな
And struck me down when I kissed that ring
ところがお前は指輪にキスした俺を打ちのめした
You lost that right to hold that crown
お前に王冠はふさわしくない
I built you up but you let me down
せっかく持ち上げてやったのにお前は俺を失望させたんだ
when you fall, I’ll take my turn
お前が転落したら、次は俺のターンだ
And fan the flames as your blazes burn
お前が大炎上するように燃料を注いでやる

[Pre-Chorus: Chester Bennington]
And you were there at the turn
君は岐路で待っててくれた
Waiting to let me know
俺を導くためにね

[Chorus: Chester Bennington]
We’re building it up to break it back down
破壊するために築き上げるんだ
We’re building it up to burn it down
焼き尽くすために築き上げるよ
can’t wait to burn it to the ground
焼き尽くしてしまうまでなんか待てないから

[Outro: Mike Shinoda & Chester Bennington]
When you fall, I’ll take my turn
お前が転落したら、次は俺のターンだ
And fan the flames as your blazes burn
お前が大炎上するように燃料を注いでやる
can’t wait to burn it to the ground
焼き尽くしてしまうまでなんか待てないから
When you fall, I’ll take my turn
お前が転落したら、次は俺のターンだ
And fan the flames as your blazes burn
お前が大炎上するように燃料を注いでやる
can’t wait to burn it to the ground
焼き尽くしてしまうまでなんか待てないから

曲名Burn It Down
(バーン・イット・ダウン)
アーティスト名
(リンキン・パーク)
収録アルバム
リリース日2012年 (シングル)
2012年 (アルバム)

Burn It Down/ 解説

「Burn It Down」はアメリカのロックバンド、リンキン・パークの楽曲で、5枚目のアルバム『』のリードシングルとして2012年にリリースされました。プロデューサーは前二作に引き続きリック・ルービンとマイク・シノダが担当しました。

歌詞はポップカルチャー界で持ち上げられたり、誹謗中傷にさらされたりする状況をテーマにしてます。破壊しては構築の繰り返しなのです。

特にリンキン・パークはアルバムをリリースするたびに新境地を開拓するので、激しいバッシングにあった経験がありました。しかも道なき道を進むというよりも、らしさを捨てポップトレンドに迎合する傾向があるので、ファンの気持ちも理解できなくもありません。

しかし、この曲はシンセフレーズ、マイクのラップ(サードアルバム以来)が味わい深く、これこそが最新で最高のリンキン・パークです。何よりもリンキン特有の哀愁が感じられます。

「Burn It Down」は焼き尽くす、今風の表現をすると炎上です。2012年の楽曲ですが、現代のネット社会そのものです。スマホの普及やWifi、4G環境を考えるとさらに悪化の一途を辿ってると言えるでしょう。

同年、リンキン・パークは日本の音楽番組『ミュージックステーション』に出演し、この曲を披露しました。