Sex/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
And this is how it starts:
そう言えばこんな始まり
You take your shoes off in the back of my van
僕のバンの後ろで君が靴を脱いでる
Yeah, my shirt looks good
僕のシャツもいい感じ
When it’s just hanging off your back
君が羽織っているから

And she said,
そして彼女が言った
“Use your hands and my spare
あなたの手とあたしの時間を使って
We’ve got one thing in common, it’s this tongue of mine”
私たちに共通してるのはこの舌
She said, oh
そんな彼女は言った
She’s got a boyfriend anyway
彼女には彼がいると

[Verse 2]
There’s only minutes before I drop you off
君の家まで数分しかないのに
All seem to do is talk about sex
僕たちにできるのはセックスの会話
She’s got a boyfriend anyway
彼女には彼がいるのに
She’s got a boyfriend anyway
彼女には彼がいるのに

I loved your friend when I saw his film
僕は映画を見た時から彼に好感を持った
He’s got a funny face,
彼は変な顔してるけど
But I like that ‘cause he still looks cool
クールな感じで好きだよ
She’s got a boyfriend anyway
彼女には彼がいるのに
She’s got a boyfriend anyway
彼女には彼がいるのに

[Bridge]
Now we’re on the bed in my room
今、僕たちは僕の部屋でベッドの中にいる
And I’m about to fill his shoes
僕が彼の代役を務めようとする
But you say no, you say no
でも君はノーと言う

Does he take care of you?
彼は君のことを大切にしてるの?
Or could I easily fill his shoes?
それとも僕は彼の代役を簡単に務められるの?
But you say no, you say no
でも君はノーと言う

[Verse 3]
Now we’re just outside of town
僕たちは街の外れに向かう
And you’re making your way down
そして君は僕の下の方を攻めてくる
She’s got a boyfriend anyway
彼女には彼がいるのに
She’s got a boyfriend anyway
彼女には彼がいるのに

And I’m not trying to stop you, love
僕が君を愛するのを止めるのは不可能
If we’re gonna do anything
僕たちが何かするとしたら
might as well just fuck
ファックがいいのかもね
She’s got a boyfriend anyway
彼女には彼がいるのに
She’s got a boyfriend anyway
彼女には彼がいるのに

[Outro]
You’ve got your tongue pierced anyway
君は舌ピアスをして
You in your high tops any day
いつもハイカットのスニーカーに
You in your skinny jeans anyway
スキニーのジーンズを履いてる

You and your fit anyway
君と君の友達はお似合い
I’d take them all out any day
僕はいつでも君たち二人を連れ出すよ
They’ve all got backcombs anyway
どっちにしろ裏切られるんだけど
You all got boyfriends anyway
皆んな彼氏がいるから

曲名Sex
(セックス)
アーティスト名
(ザ・ナインティーンセヴンティファイヴ)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
(アルバム)

Sex/ 解説

「Sex」はイギリスのロックバンド、The 1975が2013年に発表した楽曲です。

メンバーは4人です。2002年にチェシャー州ウィルムスロー高校で出会い、バンドを結成しました。

タイトルが直球すぎて少し敬遠したくなりますが、歌詞は男の悲しい性を歌ってます。そんな男と女は遠くで暮らすしかないです。近くにいたらダメなんです。

歌詞は濁したり、オブラートに包んだり、誤魔化したりしてるのにタイトルだけはダイレクト。若者らしい熱くて切ないナンバーです。