Come Fly With Me /Frank Sinatra 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Come fly with me, let’s fly, let’s fly away
飛んでいこうよ 一緒に空の旅へ
If you can use some exotic booze, there’s a bar in far Bombay
もし君が異国の酒を愉しみたいなら 遠いボンベイに酒場があるよ
Come fly with me, let’s fly, let’s fly away
一緒に行こうよ 空の旅へ

[Verse 2]
Come fly with me, let’s float down to Peru
さぁ 一緒にペルーまで飛んでいこう
In llama land, there’s a one man band, and he’ll toot his flute for you
ララマランドには 1人きりの楽団があって 君のためにフルートを演奏してくれる
Come fly with me, let’s take off in the blue
ほら 青空へと飛び出していこう

[Chorus]
Once I get you up there, where the air is rarefied
雲の上にたどり着いたら そこは空気の薄い場所
We’ll just glide, starry-eyed
星空を潜り抜けていこう
Once I get you up there, I’ll be holding you so near
雲の上にたどり着いたら 君をしっかりと抱きしめるよ
You may hear angels cheer ‘cause we’re together
僕たちが一緒なら 天使の声が聞こえるかもよ

[Verse 3]
Weather wise, it’s such a lovely day
天気も最高! なんて素敵な日だろう
Just say the words and we’ll beat the birds down to Acapulco Bay
この言葉を口にすれば アカプルコの鳥だって敵わないさ
It’s perfect for a flying honeymoon, they say
ハネムーンは空の旅が最高だって みんなが言うね
Come fly with me, let’s fly, let’s fly away
さぁ 行こうよ 一緒に飛んでいこう

[Instrumental Interlude]

[Chorus]
Once I get you up there, where the air is rarefied
雲の上にたどり着いたら そこは空気の薄い場所
We’ll just glide, starry-eyed
星空を潜り抜けていこう
Once I get you up there, I’ll be holding you so near
雲の上にたどり着いたら 君をしっかりと抱きしめるよ
You may hear angels cheer ‘cause we’re together
僕たちが一緒なら 天使の声が聞こえるかもよ

[Verse 3]
Weather wise, it’s such a lovely day
天気も最高! なんて素敵な日だろう
Just say the words and we’ll beat the birds down to Acapulco Bay
この言葉を口にすれば アカプルコの鳥だって敵わないさ
It’s perfect for a flying honeymoon, they say
ハネムーンは空の旅が最高だって みんなが言うね
Come fly with me, let’s fly, let’s fly away
さぁ 行こうよ 一緒に飛んでいこう

[Outro]
Pack up, let’s fly away
荷物をまとめて ほら行こう!

曲名Come Fly With Me
(カム・フライ・ウィズ・ミー)
アーティスト名Frank Sinatra
(フランク・シナトラ)
収録アルバムCome Fly with Me
リリース日不明(シングル)
1958年 1月6日(アルバム)

Come Fly With Me /Frank Sinatra 解説

フランク・シナトラが、「旅客機による世界旅行」をテーマにしていたことから、当時のアメリカを代表する大手航空会社の一つで、シナトラ自身も好んで使用していたトランス・ワールド航空とタイアップした楽曲。

楽しい空の旅がイメージできる、清々しく伸び伸びとしたメロディーと歌声がマッチしています。

映画やドラマの挿入歌に使われることも多く、聞き馴染みがあるのでは?

近年では、マイケル・ブーブレが歌ってコマーシャルソングに使用されて、この曲の人気が再燃したそうです。