Golden Slumbers/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Once there was a way to get back homeward
かつてそこには家に帰る道があった
Once there was a way to get back home
かつてそこには故郷に帰る道があった
Sleep pretty darling, do not cry
おやすみ、愛しい人、泣かないで
And I will sing a lullaby
僕が子守歌を歌うよ

[Chorus]
Golden slumbers fill your eyes
黄金の眠りが君の瞳に満たされる
Smiles await you when you rise
目覚めると笑顔が溢れる
Sleep pretty darling, do not cry
おやすみ、愛しい人、泣かないで
And I will sing a lullaby
僕が子守歌を歌うよ

slumbers:眠り、まどろみ、休止

[Verse 2]
Once there was a way to get back homeward
かつてそこには家に帰る道があった
Once there was a way to get back home
かつてそこには故郷に帰る道があった
Sleep pretty darling, do not cry
おやすみ、愛しい人、泣かないで

[Outro]
And I will sing a lullaby
僕が子守歌を歌うよ

曲名Golden Slumbers
(ゴールデン・スランバー)
アーティスト名
(ザ・ビートルズ)
収録アルバム
リリース日1969年 (アルバム)

Golden Slumbers/ 解説

「Golden Slumbers」はリバプール(イギリス)のロックバンド、ビートルズが1969年に発表した楽曲で名盤『アビーロード』に収録されてます。ポール・マッカートニーの作品です。

『アビーロード』は10曲目「Sun King」~13曲目「She Came In Through The Bathroom Window」の第1メドレーと14曲目「Golden Slumbers」~16曲目「The End」の第2メドレーがアルバムのハイライトになってます。

厳密な決まり事はないようですが、アルバムB面の9曲目「You Never Give Me Your Money」から16曲目「The End」までをThe Long Oneと呼んでます。

ジョンは『アビーロード』のメドレーに関してはジャンクを集めただけと表現したようですが、シンプルに自分があまり参加してないからだと思われます。バンドに乗り気じゃないくせに不貞腐れるジョンに対して、ポールは一定の役割を与えてジョンの機嫌をとる一面を見せてます。ビートルズはジョンがいてこそビートルズたる所以が保たれるので、さすがポールですね。

そんなジョン・レノンですがソロになったら大いに大暴れするのかと思いきや、「」や「Love」など落ち着いた曲を作ってます。ゴチャゴチャした世界に嫌気がさしたのかもしれませんね。

歌詞の多くはシェイクスピアと同時代のイギリスの劇作家トーマス・デッカーの「Golden Slumbers Your Eyes」から引用されました。ポールは400年前の詩に曲を付けたのです。