Hey Jude/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1: Paul McCartney]
Hey Jude, don’t make it
ヘイ、ジュード、落ち込まないで
Take a sad song and make it better
悲しい曲だって素晴らしい曲にできるよ
Remember to let her into your heart
彼女を君の心の中に受け入れてあげて
Then you can start to make it better
きっと良くなっていくはずさ

[Verse 2: Paul McCartney, John Lennon, George Harrison]
Hey Jude, don’t be afraid
ヘイ、ジュード、恐れないで
You were made to go out and get her
君は彼女と出会うために生まれたんだ
The minute you let her under your skin
彼女を大切にしてあげて
Then you begin to make it better
きっと良くなっていくはずさ

under one’s skin:夢中になる

[Chorus: Paul McCartney, John Lennon, George Harrison]
And anytime you feel the pain, hey Jude, refrain
傷ついたらね、ジュード、耐えるんだ
Don’t carry the world upon your shoulders
だからと言って一人で背負い込んじゃいけないよ
For well you know that it’s a fool who plays it cool
クールに振舞うのは愚かな行為だ
By making his world a little colder
自分の世界を小さくて冷たいものにしてるだけさ
Na na na na na na na na na na

refrain:控える、断つ、我慢する

[Verse 3: Paul McCartney]
Hey Jude, don’t let me down
ヘイ、ジュード、がっかりさせないで
You have found her, now go and get her
彼女に出会えたんだから、今すぐ抱きしめよう
(Let it out and let it in)
(そのまま受け入れるんだ)
Remember (Hey Jude) to let her into your heart
彼女を君の心の中に受け入れてあげて
Then you can start to make it better
きっと良くなっていくはずさ

[Chorus: Paul McCartney, John Lennon, George Harrison]
let it out and let it in, hey Jude, begin
そのまま受け入れればいいよ、ジュード、これから始めるのさ
You’re waiting for someone to perform with
それとも君は誰かがやってくれるのを待つのかい
And don’t you know that it’s just you, hey Jude, you’ll do
君がいないと始まらないよ、ジュード、君ならできるさ
The movement you need is on your shoulder
君のやるべきことは君の肩にかかってるよ
Na na na na na na na na na yeah

The movement you need is on your shoulder:ポールはこのフレーズを削除または修正するつもりでいましたが、ジョンに最高だと言われ残しました。ポールはここを歌う時は感傷的になるそうです。

[Verse 4: Paul McCartney & John Lennon]
Hey Jude, don’t make it
ヘイ、ジュード、落ち込まないで
Take a sad song and make it better
悲しい曲だって素晴らしい曲にできるよ
Remember to let her under your skin
彼女を君の心の中に受け入れてあげて
Then you’ll begin to make it
きっと良くなっていくはずさ
Better better better better better better, oh
絶対に絶対に絶対に絶対にね

[Outro: Paul McCartney & Lennon/Harrison/Starr]
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
ヘイ、ジュード

曲名Hey Jude
(ヘイ・ジュード)
アーティスト名
(ザ・ビートルズ)
収録アルバム未収録
リリース日1968年 (シングル)

Hey Jude/ 解説

「Hey Jude」はリバプール(イギリス)のロックバンド、ビートルズが1968年に発表した楽曲です。ポール・マッカートニーの作品です。曲の長さが7分以上もあります。半分以上が“ナ~~ナ~ナ~ナッナナナ~”ですが。

この曲はジョンと妻シンシアの離婚が決定的となり、息子ジュリアンを励ますために書かれた楽曲です。ジョンは自分とヨーコの応援歌として都合よく解釈したようですが、確かにそう聞こえなくもないです。敢えて普遍的なテーマにしてジョンに気を使った可能性もありそうですね。

[Verse 4]のThen you’ll begin to make itあたりでポールがピアノをミスタッチして“No! Fucking Hell!! ”と叫んでます。こういうのをそのまま使ってしまうのがビートルズらしいです。

ビートルズはビッグすぎて、神として崇める風潮に嫌悪感を感じる人がいるかもしれませんが、ビートルズは調べれば調べるほど人間味があるバンドです。