Street Fighting Man/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Everywhere I hear the sound
Of marching, charging feet, boy
俺はどこでも行進する音が聞こえるんだ
‘Cause summer’s here and the is right
夏が来ればその時だからね
For fighting in the street, boy
つまりストリートで戦うことさ

[Chorus]
Well, what can a poor boy do
貧しい少年に何ができるんだい?
Except to sing for a rock and roll band?
ロックバンドで歌う以外にね?
‘Cause in sleepy
なぜなら眠る街ロンドンには
There’s just no place for street fighting man, no
ストリートファイティングマンの居場所がないんだよ

[Verse 2]
Hey, think the is right
今がその時だよな
For a palace revolution
つまり革命を起こすってことさ
‘Cause where I live to play
ここでゲームをプレイしながら生きていくのは
Is compromise solution
妥協の産物でしかないね

[Chorus]
Well, then what can a poor boy do
貧しい少年に何ができるんだい?
Except to sing for a rock and roll band?
ロックバンドで歌う以外にね?
‘Cause in sleepy
なぜなら眠る街ロンドンには
There’s just no place for street fighting man, no
ストリートファイティングマンの居場所がないんだよ

Get down
降りるぜ

[Verse 3]
Hey, said my name is called Disturbance
俺の名前は邪魔者って言うんだ
I’ll shout and scream, I’ll kill the king
叫んで叫びまくって王を殺してやるからな
I’ll rail at all his servants
すべての召使たちを罵ってやるよ

[Chorus]
Well, then what can a poor boy do
貧しい少年に何ができるんだい?
Except to sing for a rock and roll band?
ロックバンドで歌う以外にね?
Because in sleepy
なぜなら眠る街ロンドンには
There’s just no place for street fighting man, no
ストリートファイティングマンの居場所がないんだよ

Get down
降りるぜ

曲名Street Fighting Man
(ストリート・ファイティング・マン)
アーティスト名
(ザ・ローリング・ストーンズ)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
(アルバム)

Street Fighting Man/ 解説

「Street Fighting Man」はイギリスのロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズが1968年に発表した楽曲です。名盤『』に収録されてます。とにかくストーンズはタイトルがかっこいいですね。

この曲はエレキギターを使用してません。アコースティックギター、マラカス、ニッキー・ホプキンスによるピアノ、ブライアン・ジョーンズによるシタールとタンブーラでサイケデリックな空間を作ってます。アレンジャーとしてのブライアンの貢献度はMVP級です。

1960年代後半のベトナム反戦運動に影響を受けた曲で、ミック・ジャガー自身が反戦デモに参加した経験に基づいてます。革命を扇動しながらも無力な自分を自嘲してます。

スト-ンズの歌詞とサウンドからはロマン、そしてアコギのジャカジャーンは若きキース・リチャーズの気概を感じます。