Look What You Made Me Do/(2019)

Look What You Made Me Do(ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ)は、アメリカのシンガー・ソングライターである(テイラー・スウィフト)が2019年にリリースした曲。アルバム『Reputation』に収録。今回はこの曲の歌詞を和訳していきます。

Look What You Made Me Do/ 歌詞和訳と意味

あなたのくだらない駆け引きが嫌い
あなたの傾いたステージも嫌い
あなたが私に演じさせたのは
愚か者、ありえない、あなたが嫌い
あなたの完全犯罪が嫌い
嘘をつきながら笑うところも
あなたはあの銃が私のだって言ったわよね
ひどいわ、ありえない、あなたが嫌い

でも私は賢くなった、ギリギリのところで強くなった
ハニー、私は生き返ったの、何度だってそうするわ
リストがあって、あなたの名前は赤いアンダーラインが引いてある
一回チェックして、もう一回チェックするの

あぁ、あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あぁ、あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ

あなたの王国の鍵が嫌い
もともと私のものだったわ
寝る場所を貸してと頼んできておいて
私を締め出して宴を開いてたのね(はぁ?)
世界は進み、次の日が来て、世間の関心は次のドラマへと移っていくけど
私は違う、自分のカルマで頭がいっぱいよ
それに世界が進んでも、これだけは確かよ
私は報いを受けたのかもしれないけど、みんなそうなるわよ

でも私は賢くなった、ギリギリのところで強くなった
ハニー、私は死から蘇った、何度だってそうするわ
リストがあって、あなたの名前は赤いアンダーラインが引いてある
チェックして、またチェックするの

あぁ、あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あぁ、あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ

私は誰も信じないし、誰も私を信じない
あなたの悪夢に出てくる女優になるわ
私は誰も信じないし、誰も私を信じない
あなたの悪夢に出てくる女優になるわ
私は誰も信じないし、誰も私を信じない
あなたの悪夢に出てくる女優になるわ
私は誰も信じないし、誰も私を信じない
あなたの悪夢に出てくる女優になるわ
(あぁ、あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あぁ、あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ)
ごめんなさい、今までのTaylorは電話に出られないわ
なぜって?死んだからよ!

あぁ、あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あぁ、あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あぁ、あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あぁ、あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ
あんたが私をこうさせたのよ

「Look What You Made Me Do(ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ)」 – (テイラー・スウィフト)の歌詞を和訳

Look What You Made Me Do/ 解説

この曲は、彼女と確執のあるKanye West(カニエ・ウエスト)とその妻のキム、そしてKaty Perry(ケイティ・ペリー)に向けて歌われていると考えられています。

1番のAメロではカニエ・ウエストのことを歌っており、「tilted stage」とはカニエ・ウエストが2016年のツアーで使っていた、傾いたステージのことを示していると同時に、メディアやSNSなどで事実を歪曲して伝えることや不正を意味しています。

テイラーとカニエの確執は、2009年のVMAでテイラーの受賞スピーチにカニエが乱入し、「ビヨンセのMVが一番最高だった」と騒ぎ立てたことから始まりました。その後一度は和解したものの、2016年にカニエが一部テイラーについての歌詞がある「famous」を発表したことにより再燃。

テイラーは激怒しましたが、カニエはその歌詞についてテイラーの承諾があったと主張し、妻のキムが証拠として2人の電話でのやりとりを録音したものを公開しました。それを受けメディアはテイラーを嘘つきの蛇だと流布し、アンチからも蛇と呼ばれるようになりました。

曲中で死から蘇ったと歌っているように、彼女は蛇と呼ばれ批判されたことに対し、ミュージックビデオに蛇を登場させたり、ツアーのセットでもモチーフとして利用するなど、強い姿勢をとっています。

ちなみにこの曲の発売日はカニエの母親の命日。半端じゃない恨みを感じますね…。