Lost Cause/ 歌詞和訳と意味

[Intro]
Something’s in the—
何か—

[Verse 1]
Something’s in the air right now
気配がするの
Like I’m losin’ track of time (Time, time)
時間の感覚を失っていくような気がする
Like I don’t really care right now
何も気にしないって感じ
But maybe that’s fine
多分それでいいのね
You weren’t even there that day
あの日あなたは現れすらしなかった
I was waitin’ on you (You, you)
待ってたのよ(あなたを)
I if you were aware that day
あなたは分かってたのかしら
Was the last straw for me and I knew
あれがとどめになるって分かってた

楽しげなMVの様子とは反対の歌詞に、まだ別れを引きずっている本心が窺えます。現れない相手を待つ思いを歌った歌詞は、ビリーのデビューアルバムに収録の楽曲“wish you were gay”を思わせる内容となっています。

[Pre-Chorus]
I sent you flowers
あなたに花を贈ったけれど
Did you even care?
そんなの気にもしてなかった
You ran the shower
適当に水をやって
And left them by the stairs
あとは階段の辺りに置きっぱなし
Ooh-ooh-ooh, -a--ayy
Thought you had your shit
しっかりしたと思ってたけど
But damn, I was wrong (Wrong)
駄目ね、私が間違ってたわ

変わろうと努力せず、二人の関係を蔑ろにする様子を、諦めも感じるような口調で嘆いています。タイトルの”lost cause”とは、成功する(変わる)見込みのない、という意味です。

[Chorus]
You ain’t nothin’ but lost cause
あなたはただのダメ人間
And this ain’t nothin’ like it once was
もうあの頃みたいには戻れないわ
I know you think you’re such an outlaw
自分じゃアウトローって思ってるみたいだけれど
But you got no job
働いてすらいないんだから
You ain’t nothin’ but lost cause
あなたはただのダメ人間
And this ain’t nothin’ like it once was
もうあの頃みたいには戻れないわ
I know you think you’re such an outlaw
自分じゃアウトローって思ってるみたいだけれど
But you got no job
働いてすらいないんだから

2019年のヒット曲“ guy”を思わせる歌詞です。“ guy”のインスピレーションにもなった元彼ブランドンの存在は、ビリーの2枚目のアルバムとなる本作でも未だ感じられます。

[Verse 2]
I used to think you were shy
昔はあなたのことシャイな人だって思ってた
But maybe you just had nothing on your mind
今思えばただ何も考えていなかっただけなのかも
Maybe you were thinkin’ ‘bout yourself all the time
自分のことばかり考えていただけなのかも
I used to wish you were mine
あなたが私のものになればと願った日もあった
But that was way before I realized
でもそれは、あなたみたいな人なんて
Someone like you would always be easy to find
そこら中にいるって気づくずっと前の話
() easy (, )
ありふれてるわ
Hee, mm-mm-mm, mm

ただ自分の気持ちを恥ずかしがって言えないシャイな人だったわけではなく、自分のことしか考えていなかったばかりにビリーに対する優しい言葉が出てこなかったのだと追及しています。

[Pre-Chorus]
Gave me no flowers
花なんか贈ってくれなかった
Wish I didn’t care
そんなの気にしたくなかったわ
You’d be gone for hours
何時間も姿を消しては
Could be anywhere
居場所もわからなかった
Ooh-ooh-ooh
Ah-ah-ah-ah-ah
Thought you would’ve grown eventually
いつかは大人になるって思ってたけど
But you proved me wrong (Wrong)
間違ってたって思い知らされたわ

曲の前半と対比の構造になっており、ビリーが相手に持っていた思いやりや愛情を相手はビリーに対し示してくれなかったということがわかります。自分のために変わってくれると思っていた相手に裏切られ、傷ついた気持ちを皮肉に歌っています。

[Chorus]
You ain’t nothing but lost cause (Cause)
あなたはただのダメ人間
And this ain’t nothin’ like it once was (Was)
もうあの頃みたいには戻れないわ
I know you think you’re such an outlaw (Yeah)
自分じゃアウトローって思ってるみたいだけれど
But you got no job (No job)
働いてすらいないんだから
You ain’t nothing but lost cause (Cause)
あなたはただのダメ人間
And this ain’t nothing like it once was (Was)
もうあの頃みたいには戻れないわ
I know you think you’re such an outlaw
自分じゃアウトローって思ってるみたいだけれど
(Think you’re such lost cause)
(本当のところは負け犬だと思うわ)
But you got no job
働いてすらいないんだから

[Outro]
(What did I tell you?)
言ったでしょ?
(Don’t get complacent)
独りよがりはやめて
(It’s time to face it now, na-na, na-na, na-na)
もう向き合うべきときだって
(What did I tell you?)
言ったでしょ?
(Don’t get complacent)
独りよがりはやめて
(It’s time to face it now, na-na, na-na, na-na)
もう向き合うべきときだって

曲のリリースの数週間前にビリーのインスタグラムでこの一節の一部の歌詞がキャプションされました。
曲名Lost Cause
(ロスト・コーズ)
アーティスト名
(ビリー・アイリッシュ)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
(アルバム)