Monday/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Six o’clock already, I was just in the middle of a dream
もう朝の6時だけど、私はまだ夢の途中よ
I was kissin’ Valentino by a crystal blue Italian stream
イタリアのクリスタルブルーの小川のほとりで、ヴァレンティノにキスしてたわ
But I can’t be late, ‘cause then I guess I just won’t get paid
でも遅刻なんてできない、だってお給料がもらえないじゃない
These are the days when you wish your bed was already made
毎週のことだけど、ベッドが恋しいなら昨日のうちに準備しておくべきだったわね

your bed:彼女のベッドです。昨晩は彼のベッドで過ごしたせいで寝不足です。

[Chorus]
It’s just another Monday (Ooh-oh)
そんな月曜日なの
I wish it were Sunday (Ooh-oh)
日曜日だったらよかったのにね
‘Cause that’s my fun day (Ooh-oh)
だって楽しい日じゃない
My I don’t have to run day (Ooh)
バタバタしなくていい日だし
It’s just another Monday
いつもの慌ただしい月曜日なの

just another:ありふれた、ありきたりの、いつもの
:大忙しの、慌ただしい、興奮した、一時的にテンションが高い、精神的に躁鬱の躁の状態

[Verse 2]
Have to catch an early train, got to be to work by nine
早い電車に乗らなきゃ、9時からの仕事に間に合うように
And if I had an aeroplane, I still couldn’t make it on time
もし自家用ジェットがあっても、時間には間に合わないわ
‘Cause it takes me long just to figure out what I’m gonna wear
だって何着ていくか決めるのにすごく時間かかるから
Blame it on the train, but the boss is already there
電車の遅れを言い訳にしたって、ボスはそこにいるのよ

the boss is already there:thereは会社。同じ電車だとしたらボスも遅刻。ボスは遅刻してもOKな可能性も。電車の遅延のせいにしてもボスも電車通勤だから言い訳できないのかもしれません。

[Chorus]
It’s just another Monday (Ooh-oh)
そんな月曜日なの
I wish it were Sunday (Ooh-oh)
日曜日だったらよかったのにね
‘Cause that’s my fun day (Ooh-oh)
だって楽しい日じゃない
My I don’t have to run day (Ooh)
バタバタしなくていい日だし
It’s just another Monday
いつもの慌ただしい月曜日なの

[Bridge]
Of all of my nights
他の夜でもいいのに
Why did my have to pick last night to get down? (Last night, last night)
昨日の夜に限って、なんで彼は私を誘ったのかしら(昨日の夜よ、昨日の夜なのよ)
Doesn’t it matter that I have to feed the both of us?
私は2人分を養わなきゃならないのにね
Employment’s down
失業しちゃうわよ
He tells me in his bedroom voice
ベッドルームから甘い誘いが聞こえるわ
“C’mon honey, let’s go make some noise.” (I can’t resist)
おいでハニー、いいことしようよ(いやじゃないわ)
Time it goes fast (When you’re having fun)
時間なんてあっという間ね(楽しい時間はね)

get down:がっかりさせる、ダンスする、楽しむ

[Chorus]
It’s just another Monday (Ooh-oh)
そんな月曜日なの
I wish it were Sunday (Ooh-oh)
日曜日だったらよかったのにね
‘Cause that’s my fun day (Ooh-oh)
だって楽しい日じゃない
My I don’t have to run day (Ooh)
バタバタしなくていい日だし
It’s just another Monday (Ooh-oh)
いつもの慌ただしい月曜日なの
I wish it were Sunday (Ooh-oh)
日曜日だったらよかったのにね
‘Cause that’s my fun day (Ooh-oh)
だって楽しい日じゃない
It’s just another Monday
いつもの慌ただしい月曜日なの

曲名 Monday
(マニック・マンデー)
アーティスト名
(バングルス)
収録アルバム
リリース日1986年 (シングル)
1月(アルバム)

Monday/ 解説

Monday」はプリンスが提供した楽曲です。元々、プリンスがバングルスのファンで、自ら楽曲の提供を申し出たとのこと。バングルスのスザンヌは当時のことを“まるで王子様が舞踏会に来て、ダンスを踊ってくださいと申し込んでくれたみたいだった。おとぎ話みたいでしょ?”と語っています。

歌詞は彼女が月曜の早朝から仕事があるのに、日曜の夜に彼氏に誘われて寝坊しそうになり、朝からバタバタする話です。9時出社でまだ6時なので今起きれば間に合います。しかし彼女はまだ眠りたいのです。自家用ジェットがあっても服選びに時間かかるから間に合わない、彼氏の分も養ってるから2人分稼がなきゃ、なのに邪魔するのは彼氏、そんな彼氏の誘いは絶対に断れないなど、そんな妙なテンションの月曜日なのです。しかもそんな月曜日は毎週のことです。

マニックは躁鬱の躁の状態で、熱狂した、異常に興奮した、正気じゃない、大忙しの、てんてこまいの意味です。決して憂いの状態ではありません。数時間前まで彼氏と楽しい時間を過ごしていたのです。ただの寝不足です。そのマニックをスタイリッシュに表現できる日本語は難しいです。“マニックだよね” がスタンダードになる時代を待ちたいのですが、“マニアック“ が定着しているので難しいかもしれません。

キャッチーなメロディに若いOLの日常生活というテーマを歌ったガールズバンドは全米チャート初登場86位から勢いに乗り、3ヶ月かけて2位まで順位を上げましたが、プリンスの「」に阻まれ1位は獲得できませんでした。