Teeth/5 Seconds of Summer(2019)

Teeth(ティース)は、オーストラリアのバンドである5 Seconds of Summer(ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー)が2019年にリリースした曲。アルバム『Calm』に収録。今回はこの曲の歌詞を和訳していきます。

Teeth/5 Seconds of Summer 歌詞和訳と意味

“Some days, you’re the only thing I know”
君が僕の唯一の存在になる日もある
“Only thing that’s burning when the nights grow cold”
寒い夜でも熱く燃える唯一の存在に
“Can’t look away, can’t look away”
目を離せない 離せないんだ
“Beg you to stay, beg you to stay, yeah”
側にいてくれと願うしかない
“Sometimes, you’re a stranger in my bed”
君はベッドでも他人に思えることもあって
“Don’t know if you love me or you want me dead”
僕を愛してるのか死んでほしいのかわからない
“Push me away, push me away”
僕を突き放して 拒絶したと思ったら
“Then beg me to stay, beg me to stay, yeah”
「側にいて」ってねだったりするんだぜ

“Call me in the morning to apologize”
朝には謝るために電話してくるけど
“Every little lie gives me butterflies”
小さな嘘をつかれるたびに胸が苦しい
“Something in the way you’re looking through my eyes”
僕をみつめる君の眼差しが何だか気になって
“Don’t know if I’m gonna make it out alive”
まだ君に冷めずにいられるだろうか

“Fight so dirty, but you love so sweet”
ずるい恋愛するくせに夢中にさせて
“Talk so pretty, but your heart got teeth”
可愛く喋るくせに君の心は牙だらけ
“Late night devil, put your hands on me”
まるで深夜の悪魔さ 僕を掴んだら
“And never, never, never ever let go”
決して 決して離さない
“Fight so dirty, but you love so sweet”
ずるい恋愛するくせに夢中にさせて
“Talk so pretty, but your heart got teeth”
可愛く喋るくせに君の心は牙だらけ
“Late night devil, put your hands on me”
まるで深夜の悪魔さ 僕を掴んだら
“And never, never, never ever let go”
決して 決して離さない

“Some days, you’re the best thing in my life”
君は僕の人生で最高の存在になる日もある
“Sometimes when I look at you, I see my wife”
時どき妻みたいに感じるときも
“Then you turn into somebody I don’t know”
そう思ったら全然知らない誰かに変わってしまう
“And you push me away, push me away, yeah”
それで僕を突き放して 拒絶するんだ

“Call me in the morning to apologize”
朝には謝るために電話してくるけど
“Every little lie gives me butterflies”
小さな嘘をつかれるたびに胸が苦しい
“Something in the way you’re looking through my eyes”
僕をみつめる君の眼差しが何だか気になって
“Don’t know if I’m gonna make it out alive”
まだ君に冷めずにいられるだろうか

“Fight so dirty, but you love so sweet”
ずるい恋愛するくせに夢中にさせて
“Talk so pretty, but your heart got teeth”
可愛く喋るくせに君の心は牙だらけ
“Late night devil, put your hands on me”
まるで深夜の悪魔さ 僕を掴んだら
“And never, never, never ever let go”
決して 決して離さない
“Fight so dirty, but you love so sweet”
ずるい恋愛するくせに夢中にさせて
“Talk so pretty, but your heart got teeth”
可愛く喋るくせに君の心は牙だらけ
“Late night devil, put your hands on me”
まるで深夜の悪魔さ 僕を掴んだら
“And never, never, never ever let go”
決して 決して離さない

“Blood on my shirt, rose in my hand”
シャツには血が飛び 手には薔薇
“You’re looking at me like you don’t know who I am”
君はまるで他人のように僕を見つめてる
“Blood on my shirt, heart in my hand”
シャツには血が飛び 手にはハートが
“Still beating”
まだ脈打ってる

“Fight so dirty, but you love so sweet”
ずるい恋愛するくせに夢中にさせて
“Talk so pretty, but your heart got teeth”
可愛く喋るくせに君の心は牙だらけ
“Late night devil, put your hands on me”
まるで深夜の悪魔さ 僕を掴んだら
“And never, never, never ever let go”
決して 決して離さない
“Fight so dirty, but you love so sweet”
ずるい恋愛するくせに夢中にさせて
“Talk so pretty, but your heart got teeth”
可愛く喋るくせに君の心は牙だらけ
“Late night devil, put your hands on me”
まるで深夜の悪魔さ 僕を掴んだら
“And never, never, never ever let go”
決して 決して離さない

英語歌詞は「Teeth(ティース)」 – 5 Seconds of Summer(ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー)より引用

Teeth/5 Seconds of Summer 解説

Teethは、まるで天使と悪魔が一緒に憑りついているかのように態度が一変する恋人に振り回される男性のことを歌った歌です。Teethという単語自体は「歯」を意味しますが、ここでは傷つけるものとして比喩的に使われています。

ラストのスネアドラムを模したようなギターソロは、ロックバンド「Rage Against The Machine」のギタリストであるトム・モレロが演奏。この曲はあえてスネアドラムを使わず、キックやブレスの音でビートを刻むという試みがなされています。