(What’s Funny ‘Bout) Peace, Love, And Understanding/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
As I walk through this wicked world
俺は邪悪な世界を歩きながら
Searching for light in the darkness of insanity
狂気の暗闇で光を探してる
I ask myself, is all hope lost?
俺は自問する、すべての希望は失われたのか?
Is there only pain and hatred and misery?
あるのは痛みと憎しみと惨めさだけなのか?

[Chorus 1]
And each I feel like this inside
そしてそのような気持ちを抱く度に
There’s one thing I wanna know
ひとつだけ知りたいことがあるんだ
What’s funny ‘bout peace, love and understanding?
平和と愛と理解しあうことはそんなにおかしなことなのかってね
Oh, what’s funny ‘bout peace, love and understanding?
平和と愛と理解することは何がそんなにおかしいんだろう

[Verse 2]
And as I walked on through troubled times
困難な時代を乗り越えても
My spirit gets downhearted sometimes
ひどく落ち込むことがあるよ
where are the strong?
強靭なメンタルを持つ人はどこにいるんだい?
And who are the trusted?
信頼できる人って誰だろう?
And where is the harmony?
調和はどこにあるのさ?
Sweet harmony
互いを思いやるハーモニーのことだよ

[Chorus 2]
‘Cause each I feel it slipping away
人々が消えていく度に
Just makes me want to cry
ただ泣きたくなるんだ
What’s funny ‘bout peace, love and understanding?
平和と愛と理解しあうことはそんなにおかしなことなのかってね
Oh, what’s funny ‘bout peace, love and understanding?
平和と愛と理解することは何がそんなにおかしいんだろう

[Verse 2 Excerpt]
where are the strong?
強靭なメンタルを持つ人はどこにいるんだい?
And who are the trusted?
信頼できる人って誰だろう?
And where is the harmony?
調和はどこにあるのさ?
Sweet harmony
互いを思いやるハーモニーのことだよ

[Chorus 2 Outro]
‘Cause each I feel it slipping away
人々が消えていく度に
Just makes me want to cry
ただ泣きたくなるんだ
What’s funny ‘bout peace, love and understanding?
平和と愛と理解しあうことはそんなにおかしなことなのかってね
Oh, what’s funny ‘bout peace, love and understanding?
平和と愛と理解することは何がそんなにおかしいんだろう
Oh, what’s funny ‘bout peace, love and understanding?
平和と愛と理解することは何がそんなにおかしいんだろう

曲名(What’s Funny ‘Bout) Peace, Love, And Understanding
(ピース、ラヴ・アンド・アンダースタンディング)
アーティスト名
(エルヴィス・コステロ)
収録アルバムArmed Forces (not on original UK release)
リリース日1978年 (シングル)
1979年 (アルバム)

(What’s Funny ‘Bout) Peace, Love, And Understanding/ 解説

「(What’s Funny ‘Bout) Peace, Love, And Understanding」はイギリスのエルヴィス・コステロが1978年に発表したカバー曲です。オリジナルはニック・ロウの作品でブリンズリー・シュウォーツが1974年に発表してます。

あまりにもコステロらしい曲なのでカバー曲だと知った時は衝撃でした。歌詞は真っすぐでコステロっぽくはないですが。コステロの歌詞はひねりが効きすぎてブラックユーモア的なので面白いですよ。美しいメロディとのギャップが激しいので注目してみて下さい。

木村拓哉さんと常盤貴子さん主演のTBS系ドラマ『ビューティフルライフ』でも挿入歌として使用されました。疾走感溢れる楽曲とコステロの歌声がハマってかっこいいですね。