Oliver’s Army/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Don’t start that talking
その話題は止めて
I could talk all night
一晩中しゃべり続けることになるよ
My mind goes sleepwalking
While I’m putting the world to right
僕が世界を正してる間は夢遊病にかかってるんだ
Call careers information
ハローワークに電話してみなよ
Have you got yourself an occupation?
軍隊には登録してるか?って言われるからさ

careers information:職業相談所なのか軍隊のあっせん所を示してるのか分かれる所です。

[Chorus]
Oliver’s army is here to stay
オリヴァーズ・アーミーが駐留中
Oliver’s army are on their way
オリヴァーズ・アーミーが進軍中
And I would rather be anywhere else
僕は他のどこかにいた方がよさそうだね
But here today
でも今日はここなんだよな

[Verse 2]
There was a Checkpoint Charlie
ベルリン国境線のような検問所があったんだ
He didn’t crack a
その彼ときたらニコリともしない奴でね
But it’s no laughing party
When you’ve been on the murder mile
確かに戦場で笑ってる部隊なんていないけど
Only takes one itchy trigger
むずがゆいトリガーを引くだけで
One more widow, one less white nigger
未亡人が増えて、ホワイトニガーのアイルランド野郎が減るんだ

a Checkpoint Charlie:チェックポイント・チャ-リー。国境検問所。
trigger:トリガー。引き金。
white nigger:ホワイトニガーのアイルランド出身者。

[Chorus]
Oliver’s army is here to stay
オリヴァーズ・アーミーが駐留中
Oliver’s army are on their way
オリヴァーズ・アーミーが進軍中
And I would rather be anywhere else
僕は他のどこかにいた方がよさそうだね
But here today
でも今日はここなんだよな

[Bridge]
Hong Kong is up for grabs
香港は奪い合いになって
London is full of Arabs
ロンドンはアラブ人で溢れてる
could be in Palestine
Overrun by the Chinese line
僕たちは中国の国境線を踏み越えてパレスチナにいるよ
With the boys from the Mersey and the Thames and the Tyne
マージー川、テムズ川、タイン川からやってきた若者たちと一緒にね

[Verse 3]
But there’s no danger
だけと危険はないよ
It’s a professional career
プロの仕事だからさ
Though it could be arranged
With just a word in Mister Churchill’s ear
それがミスター・チャーチルの耳に入った一言で書き換えられたものだとしても
If you’re out of luck or out of work
もしも君に運も仕事もないのなら
could send you to Johannesburg
僕たちがヨハネスブルグに送り込んであげようか

[Chorus]
Oliver’s army is here to stay
オリヴァーズ・アーミーが駐留中
Oliver’s army are on their way
オリヴァーズ・アーミーが進軍中
And I would rather be anywhere else
僕は他のどこかにいた方がよさそうだね
But here today
でも今日はここなんだよな

[Outro Repeat 3]
And I would rather be anywhere else
僕は他のどこかにいた方がよさそうだね
But here today
でも今日はここなんだよな

曲名Oliver’s Army
(オリヴァーズ・アーミー)
アーティスト名
(エルヴィス・コステロ)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
1979年 (アルバム)

Oliver’s Army/ 解説

「Oliver’s Army」はイギリスのエルヴィス・コステロが1979年に発表した曲です。

ミスチルの桜井和寿さんがコステロの声に似てるのと関係してなのか「シーソーゲーム」のMVでコステロのパロディをやってました。

Oliver’s army (オリヴァーの軍隊) はイギリス軍で、オリヴァーはアイルランド侵攻の首謀者クロムウェルです。歌詞はイギリス軍に臨時で雇われた若者の会話形式になっており、失業者で溢れた労働者階級の若者たちを軍隊に送り込む社会のシステムを描いたようです。風刺ソングにしては皮肉が効きすぎてますが。

曲はこれ以上ないくらいキャッチーで明るいナンバーですが、時はパンクが栄枯盛衰した時代。コステロなりのパンクナンバーなんですね。コステロはたまにパンクのジャンルに入れられてたのがガッテンです。

「Oliver’s army」は数あるコステロの名曲の中でも一番好きな曲なので、昔から親しんだイメージのまま和訳しました。ジョニー・ロットンやジョー・ストラマーだったら全然違う曲になりそうです。

パンク=バカ野郎な意味ですが、21世紀を超えても生き残ったパンクスに共通するのはインテリジェンスだと思います。知的な人物が多い印象です。バカ野郎はすでに死んでます。