With A Little Help From My Friends/ 歌詞和訳と意味

[Segue: John Lennon, Paul McCartney, George Harrison & Ringo Starr]
Billy Shears!
ビリー・シェアーズが登場します

Billy Shears:ビリー・シェアーズ。架空のシンガーでリンゴのことです。1曲目「Sgt. Pepper’s Hearts Club Band」と繋がってます。

[Verse 1: Ringo Starr]
What would you think if I sang out of tune?
もし僕が音程を外して歌ったら君はどう思う?
Would you stand up and walk out on me?
席を立ち上がって出ていく?
Lend me your ears and I’ll sing you a song
それでも君が聞いてくれるなら僕は歌う
And I’ll try not to sing out of key
キーを外さないように努力するよ

[Chorus: Ringo Starr, John Lennon & Paul McCartney]
Oh, I get by with a little help from my
友の助けを借りてやってみるよ
Mm, I get high with a little help from my
友の助けを借りてテンション上げるよ
Mm, gonna try with a little help from my
友の助けを借りて頑張るよ

[Verse 2: Ringo Starr, John Lennon, Paul McCartney & George Harrison]
What do I do when my love is away?
恋人がいない時はどうすればいい?
Does it worry you to be alone?
独りぼっちは不安なの?
How do I feel by the end of the day?
一日の終わり頃はどんな気分だろうね?
Are you sad because you’re on your own?
独りぼっちは悲しい気持ちになるの?

[Chorus: Ringo Starr, John Lennon & Paul McCartney]
No, I get by with a little help from my
友の助けを借りてやってみるよ
Mm, get high with a little help from my
友の助けを借りてテンション上げるよ
Mm, I’m gonna try with a little help from my
友の助けを借りて頑張るよ

[Bridge: Ringo Starr, John Lennon, Paul McCartney & George Harrison]
Do you need anybody?
誰かが必要なの?
I need somebody to love
僕には愛する人が必要だよ
Could it be anybody?
誰でもいいのかな?
I want somebody to love
僕は愛せる人が欲しいよ

[Verse 3: Ringo Starr, John Lennon, Paul McCartney & George Harrison]
Would you in a love at first sight?
一目惚れを信じるの?
Yes, I’m certain that it happens all the
もちろん、いつ起こってもおかしくないよ
What do you see when you turn out the light?
灯りを消したら何が見える?
I can’t tell you, but I know it’s mine
君には言えないけど、それは僕のものだね

[Chorus: Ringo Starr, John Lennon & Paul McCartney]
Oh, I get by with a little help from my
友の助けを借りてやってみるよ
Mm, get high with a little help from my
友の助けを借りてテンション上げるよ
Oh, I’m gonna try with a little help from my
友の助けを借りて頑張るよ

[Bridge: Ringo Starr, John Lennon, Paul McCartney & George Harrison]
Do you need anybody?
誰かが必要なの?
I just need someone to love
僕には愛する人が必要だよ
Could it be anybody?
誰でもいいのかな?
I want somebody to love
僕は愛せる人が欲しいよ

[Outro: Ringo Starr & Lennon/McCartney/Harrison]
Oh, I get by with a little help from my
友の助けを借りてやってみるよ
Mm, gonna try with a little help from my
友の助けを借りて頑張るよ
Oh, I get high with a little help from my
友の助けを借りてテンション上げるよ
Yes, I get by with a little help from my
友の助けを借りてやってみるよ
With a little help from my
友の助けを借りてね

曲名With A Little Help From My
(ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ)
アーティスト名
(ザ・ビートルズ)
収録アルバムSgt. Pepper’s Hearts Club Band
リリース日 (アルバム)

With A Little Help From My Friends/ 解説

「With A Little Help From My 」はリバプールのロックバンド、ビートルズが1967年に発表した楽曲です。リンゴが歌う前提で書かれた久々のジョンとポールが共同で作った作品です。

アルバム『Sgt. Pepper’s Hearts Club Band』の2曲目に収録されてます。1曲目の「Sgt. Pepper’s Hearts Club Band」と繋がっていて、ジョ-ジ・マーティンの弾くハモンド・オルガンに “Billy Shears!” の紹介から曲が始まります。

夜明け近くまでリズムトラックを録音して、リンゴが家に帰ろうとした瞬間、ポールに “今からヴォーカルを録音する” と言われリンゴは唖然としました。しかしその不意打ちが逆にリラックスしてレコーディングに望める結果となりました。

何度聴いてもポールのベースラインは素晴らしいですね。ビーチ・ボーイズ『ペットサウンズ』の影響でしょうか。ブライアン・ウィルソンが乗り移ってるようです。

余談ですが、ポール・マッカートニーの誕生日は1942年6月18日、ブライアン・ウィルソンは1942年6月20日。2人は2日違いの同級生なんです。、2人とも80歳を迎えました。ジョンのちょうど2倍生きたんですね。