Action/Sweet 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
you think you’ll take another piece of me
お前は俺の体の一部が欲しいのか?
To satisfy your intellectual need
お前の知的欲求を満たすために
(Do you want?)
お前は欲しいのか?
Do you want action?
そもそもお前は行動したのか?

[Verse 2]
Gonna bring you down
お前を打ち負かしてやる
‘Cause you’re pushin’ me
お前が俺を抑えつけてるんだ
You gotta recognize my superiority
俺が優位だってことをお前に納得させてやる

[Pre-Chorus]
(Liar, liar, liar, liar)
ウソだ
You know you believed it
お前、信じてたのかよ
(Higher, higher, higher, higher)
もっと高く
‘Cause I’m the main man
俺こそが主人公

[Chorus]
And that’s why
だからこそ
Everybody wants a piece of the action
誰でもちょっとは行動してみたい
Everybody needs a main attraction
誰もが主役になりたい
I got what everybody needs,
俺は誰もが欲しがるものを持ってる
Satisfaction guaranteed
そうだろ
Everybody wants a piece of the action
誰でも少しは行動したいんだ

[Verse 3]
Ooh, I was suicidal ‘cause she was my idol
彼女がアイドルだった頃、俺は自殺志願者だった
Baby, baby, baby, bring it to your knees
ベイビー、服従しろよ
Now, there was a I would have walked the line
俺にもまともな道を歩む時期があった
But you bled me dry
でもお前に身ぐるみ剥がされた
With your insatiable greed
お前の強欲さによって

walked the line:正しい行動を取る
bring it to your knee:服従させる

[Pre-Chorus]
(Liar, liar, liar, liar)
ウソだ
You know you believed it
お前、信じてたのかよ
(Higher, higher, higher, higher)
もっと高く
‘Cause I’m the main man
俺こそが主人公

[Chorus]
And that’s why
だからこそ
Everybody wants a piece of the action
誰でもちょっとは行動してみたい
Everybody needs a main attraction
誰もが主役になりたい
I got what everybody needs,
俺は誰もが欲しがるものを持ってる
Satisfaction guaranteed
そうだろ
Everybody wants a piece of the action
誰でも少しは行動したいんだ

[Bridge]
Do you want action, action?
そもそもお前は行動したのか?
Everybody wants, everybody needs
誰もが望む、誰もが欲しい
Everybody wants, everybody needs
誰もが望む、誰もが欲しい

[Chorus]
Everybody wants a piece of the action
誰でもちょっとは行動してみたい
Everybody needs a main attraction
誰もが主役になりたい
I got what everybody needs,
俺は誰もが欲しがるものを持ってる
Satisfaction guaranteed
そうだろ
Everybody wants a piece of the action
誰でも少しは行動したいんだ
Action, action
アクション

曲名Action
(アクション)
アーティスト名
(スウィート)
収録アルバム
リリース日 8月(シングル)
(アルバム)

Action/Sweet 解説

「Action」はイギリスのロックバンド、スウィートが1976年に発表した楽曲です。デフ・レパード、スティーヴ・スティーヴンスのカバーが個人的に好きです。

「Action」は全英15位、全米20位を記録してます。スウィートの代表曲「Fox On The Run」()は全英2位、全米5位の大ヒットでした。「Love Is Like Oxygen」()もいい曲ですね。

スウィートは全英全米トップ10に何曲も送り込むほどの人気バンドです。その時代に生きてないと当時のチャートアクションを想像するのは難しいです。

「Fox On The Run」はアルバム『』に収録されてないはずなのに、何故か自分のCDに入ってるのは日本盤ボーナストラックのようです。CD時代はこういう嬉しい日本盤特典ありました。懐かしいです。