Bad Romance/(2009)

Bad Romance(バッド・ロマンス)は、アメリカのシンガーである(レディー・ガガ)が2009年にリリースした曲。アルバム Monster』に収録。今回はこの曲の歌詞を和訳していきます。

Bad Romance/ 歌詞和訳と意味

あたしはバッド・ロマンスの虜
あたしはバッド・ロマンスの虜
Gaga Ooh la-la 禁断の恋がしたい
Gaga Ooh la-la 禁断の恋がしたいの

無様でダメなあんたを見せて
許されるならあんたの全てをちょうだい
あんたに愛されたい 抱かれたい
めちゃくちゃにされたいの
あんたに触れられて ドキドキしたい
砂にまみれて激しくキスされるのもいいわ
あんたに愛されたい 抱かれたい
めちゃくちゃにされたいの

あんたなしじゃ生きていけないわ
あんたと禁断の恋がしたいの

愛してよ 恨まれたって構わない
二人で禁断の恋をしようじゃない
愛してよ あんたの恋人に復讐されてもいい
二人で禁断の恋をしようじゃない
あたしはバッド・ロマンスの虜
あたしはバッド・ロマンスの虜

Gaga Ooh la-la 禁断の恋がしたいの

あんたの怖いところも 下心も見たいの
あたしのものである限り あんたが悪いのよ
あんたに愛されたい 愛されたい
あんたの愛の全てが欲しい
欲しいのはあんたの狂気と クラっと来るそのアソコ
あたしの『後窓』に入れて ハマっちゃうわ
あんたに愛されたい 愛されたい
あんたの愛の全てが欲しい

あんたが何より欲しいって知ってるでしょ
あんたと禁断の恋がしたいの

愛してよ 恨まれたって構わない
二人で禁断の恋をしようじゃない
愛してよ あんたの恋人に復讐されてもいい
二人で禁断の恋をしようじゃない
あたしはバッド・ロマンスの虜
あたしはバッド・ロマンスの虜

Gaga Ooh la-la 禁断の恋がしたい
Gaga Ooh la-la 禁断の恋がしたいの

おいで オシャレなあんた そのまま少しクレイジーに
おいで オシャレなあんた そのまま少しクレイジーに
おいで オシャレなあんた そのまま少しクレイジーに
おいで そそるでしょ いいわ あたしは「タダ」の女よ

愛してよ 恨まれたって構わない
愛されたいの ただの友達なんてイヤ
「愛してよ 恨まれたって構わない」
「愛されたいの」 ただの友達なんてイヤ
(戻ってきてよ) ただの友達なんてイヤ
(禁断の恋に落ちたの) ただの友達なんてイヤ
禁断の恋がしたい
(禁断の恋に落ちたの) 禁断の恋がしたいの

愛してよ 恨まれたって構わない
二人で禁断の恋をしようじゃない
愛してよ あんたの恋人に復讐されてもいい
二人で禁断の恋をしようじゃない
あたしはバッド・ロマンスの虜
あたしはバッド・ロマンスの虜

Gaga Ooh la-la 禁断の恋がしたいの

「Bad Romance(バッド・ロマンス)」 – (レディー・ガガ)の歌詞を和訳

Bad Romance/ 解説

Bad Romanceは2008年のツアー中に書かれた曲で、特にドイツやロシアなど東ヨーロッパを訪れた際にふれた現地のハウステクノが、サウンドに大きく影響を及ぼしています。80年代の雰囲気を感じさせつつ、コーラスは90年代のメロディー。これがBad Romanceでガガが目指したサウンドでした。

ガガによるとこの曲は「親友と禁断の恋に落ちる様子」を歌ったもので、歌詞も中々にハードでセクシーな内容になっています。直接的に性描写はないものの、体の関係を伴う恋愛であることは散りばめられたスラングなどで容易に想像ができます。

歌詞に負けずMVも攻めた内容になっており、ガガが薬物を無理やり飲まされたうえで連れ去られ、ロシアンマフィアの前で狂ったように踊らされる…というもの。ちなみにMV中のガガは瞳が大きく見えるようにデジタル加工されているのですが、これに影響された当時のアメリカのティーンは、真似をするためにアジアの瞳が大きく見えるコンタクトレンズを買っていたそうです。