Buddy Holly/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
あいつら僕の彼女をディスるなんてどうかしたの?
なんでつっかかってくるの?
あいつらに僕らが何かしたかい
こんなにいじめられるようなことを?

[Pre-Chorus]
でも僕は君の味方だし
君は僕の味方だろ
それはいつだって同じさ

[Chorus]
僕はバディ・ホリーみたいだし
君はまるでメアリー・タイラー・ムーアだけど
あいつらの言うことなんて気にしないよ
気にしないとも

[Verse 2]
怖がらないで いつも側にいるから
助けてほしいんだよね
君は舌がもつれて目を細めてる
守ってあげるよ

[Pre-Chorus]
そう 僕は君の味方だし
君は僕の味方だろ
それはいつだって同じさ

[Chorus]
僕はバディ・ホリーみたいだし
君はまるでメアリー・タイラー・ムーアだけど
あいつらの言うことなんて気にしないよ
気にしないとも

[Bridge]
バン!バン! ノックの音がする
またノックだ 床に伏せて
ああ!どうしよう?
こっち見ないで 靴がどっかいった
だから逃げられないしやり返せないよ

どうしたんだい 気分でも悪い?
い い いったい何だっていうの?
どうしたんだい 気分でも悪い?

[Pre-Chorus]
(いつだって同じさ)
(いつだって同じさ)

[Chorus]
僕はバディ・ホリーみたいだし
君はまるでメアリー・タイラー・ムーアだけど
あいつらの言うことなんて気にしないよ
気にしないとも

曲名Buddy Holly
(バディ・ホリー)
アーティスト名
(ウィーザー)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
(アルバム)

Buddy Holly/ 解説

若かりし頃のWeezerのボーカル、リヴァースにはアジア系の女友達がいました。そのことを友達にからかわれた時のことを作詞したのが「Buddy Holly」です。歌詞を見るだけでは女友達というより、ガールフレンドの事を歌った曲のように捉えられがちです。ですがリヴァース曰く、この曲は恋愛感情を含まない、単なる女友達をかばう曲とのこと。

ちなみに余談ですが、タイトルでもあるBuddy Hollyは1950年代にロックンロール界のパイオニアとして活躍した人物です。リヴァースは彼に似ていることを馬鹿にされた経験もあったんでしょうね(確かに似ている・・・)。「Buddy Holly」のシングルは彼の58歳の誕生日(9月7日)に合わせてリリースされました。

Weezerを代表する1曲ともいえるこの曲ですが、リヴァースはこの曲がそれほど人気になるとは思わなかったそう。アルバムに収録するのも迷ったらしく、当時のプロデューサーに後押しされてしぶしぶ収録を決めたんだとか。