Don’t Let Me Down/ 歌詞和訳と意味

[Chorus Repeat 4: John Lennon & Paul McCartney]
Don’t let me down
ドント・レット・ミー・ダウン

Don’t let me down:見捨てないで、期待を裏切らないで、失望させないで、がっかりさせないで

[Verse 1: John Lennon & Paul McCartney]
Nobody ever loved me like she does
彼女ほど愛した人はいなかった
Oh she does, Yeah she does
彼女のことさ
And if somebody loved me like she do me
誰かが彼女のように僕を愛してくれたら
Oh she do me, Yes she does
彼女のように

[Chorus Repeat 4: John Lennon & Paul McCartney]
Don’t let me down
ドント・レット・ミー・ダウン

[Bridge: John Lennon & Paul McCartney & George Harrison]
I’m in love for the first
僕は初めて恋をした
Don’t you know it’s gonna last
これが最後の恋になるなんて
It’s a love that lasts forever
永遠に続く愛
It’s a love that has no past
過去にはならない愛

[Chorus Repeat 4: John Lennon & Paul McCartney]
Don’t let me down
ドント・レット・ミー・ダウン

[Verse 2: John Lennon]
And from the first that she really done me
彼女は最初から本気で僕のことを愛してくれた
Oh she done me, She done me good
彼女は
I guess nobody ever really done me
誰も本気で僕を愛してくれなかった
Oh, she done me, She done me good
彼女以外は

[Chorus Repeat 4: John Lennon & Paul McCartney]
Don’t let me down
ドント・レット・ミー・ダウン

[Outro: John Lennon]
Don’t let me down
ドント・レット・ミー・ダウン

Can you dig it?
分かってくれた?

曲名Don’t Let Me Down
(ドント・レット・ミー・ダウン)
アーティスト名
(ザ・ビートルズ)
収録アルバム 1967-1970
リリース日1969年 (シングル)
1973年 (アルバム)

Don’t Let Me Down/ 解説

「Don’t Let Me Down」はリバプールのロックバンド、ビートルズが1969年に「Get Back」のB面として発表した楽曲です。ジョン・レノンのソロのような作風です。

アルバム『』には入ってませんが、アルバム『Let It Be… Naked』には収録されてます。

レコーディングにはビリー・プレストンがエレクトリックピアノで参加してます。ビリーはメンバーの昔からよく知ってる友人なので、ギスギスしたスタジオの空気を和やかにしたそうです。シングル盤にはザ・ビートルズ・ウィズ・ビリー・プレストンでクレジットされてます。

「ドント・レット・ミー・ダウン(僕を見捨てないで)」はジョンがヨーコと一緒にヘロインに手を出して興奮しながらも、密かに恐れた心の叫びではないかとポールが分析してます。