Joke’s on Youは映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(原題:Birds of Prey)』の劇中歌で、最も人気のある楽曲です。ハーレイ・クインのジョーカーへの決別の思いが込められており、映画の中で最も印象が強く残る曲でもあります。

ちなみにタイトルであるJoke’s on Youは「(人への悪事が)あなたに返ってくる」という意味が込められており、ジョーカーという名前にも上手くひっかけて作られているなーという感じがしますね。

今回はそんなCharlotte Lawrence(シャーロット・ローレンス)、「Joke’s on You(ジョークス・オン・ユー)」の和訳を紹介します。

「Joke’s on You」歌詞の意味と和訳

Drag me to death like a lit cigarette
Took my last breath like the smoke from my lips
I’ve lied for you and I liked it too
But my knees are bruised
From kneeling to you

火をつけたタバコみたいに
アタシを死に追いやって
アンタはまるで煙を吸うように
アタシの唇から呼吸を奪った
アンタのために喜んで嘘をついてきた
でもアタシの膝はアザだらけ

I’ve had enough, but you’re too hard to quit
We’ve had our fun, now your sugar makes me sick
I’ve lied for you and I liked it too
But my makeup’s ruined

もう十分なのにアンタから離れられない
快楽に病みつきになっちゃったの
アンタのために喜んで嘘をついてきた
でも私のメイクはボロボロ

And now I’m laughing through my tears
I’m crying through my fear
But, baby, if I had to choose

泣き笑いがとまらない
怖くてたまらないよ
でもbaby アタシが選択を迫られたら

The joke’s on you
The joke’s on you
God knows I’ve tried to be kind
But I won’t just lay down and die
Wearing a fake smile
The joke’s on you

ツケはアンタに返ってくる
因果応報ってヤツだわ
神サマでもアタシは頑張ったって認める
でも作りものの笑顔なんか浮かべて
このまま死んでたまるかっての
因果応報ってヤツだわ

My heart’s gone bad, now it won’t beat for you
You had your laugh, now I won’t play the fool
I’ve lied for you and I liked it too
But I’m black and blue from bleeding for you

もう冷めたの ときめかない
アンタは自己中なやつだし
アタシもバカを演じる気はもうない
アンタのために喜んで嘘をついてきた
でもアンタのせいで私はボロボロ

You struck the match, burned me out so fast
Look what we had, now it’s turned to ash
I’ve lied for you and I liked it too
But my makeup’s ruined

アンタはマッチのように火をつけて
アタシを一気に燃やし尽くした
その結果がほら 灰になったの
アンタのために喜んで嘘をついてきた
でも私のメイクはボロボロ

And now I’m laughing through my tears
I’m crying through my fear
But, baby, if I had to choose

泣き笑いがとまらない
怖くてたまらないよ
でもbaby アタシが選択を迫られたら

The joke’s on you
The joke’s on you
God knows I’ve tried to be kind
But I won’t just lay down and die
Wearing a fake smile
The joke’s on you

ツケはアンタに返ってくる
因果応報ってヤツだわ
神サマでもアタシは頑張ったって認める
でも作りものの笑顔なんか浮かべて
このまま死んでたまるかっての
因果応報ってヤツだわ

英語歌詞は「Joke’s on You(ジョークス・オン・ユー)」 – Charlotte Lawrence(シャーロット・ローレンス)より引用

記事作成にあたり参考にさせていただいたサイト: Songfacts, 英語版Wikipedia