Livin’ On A Prayer/Bon Jovi 歌詞和訳と意味

[Intro]
そう遠くない昔の話

[Verse 1]
トミーはドックで働いてたが
労働組合がストライキを起こした
運悪く彼は落ちぶれた
それはもう辛いことさ

ジーナは恋人のために
一日中ダイナーで働き通し
そしてその給料を家に入れるのさ
愛のために

[Pre-Chorus]
彼女は言うんだ
「やり始めたら途中で辞めちゃいけない
成功しようが失敗しようが関係ないのよ
お互いを理解してるし二人の愛にはそれで十分
挑戦してみようじゃない」

[Chorus]
俺達はまだ途中なのさ
僅かな希望にかけて生きてるんだ
ついて来な 絶対成功するって誓うよ
どんなチャンスでも掴んでやる

[Verse 2]
トミーは愛機のギターを質に入れた
これで彼はギターを弾くのを
我慢することになったのさ
なんて辛い話だよ

ジーナは逃げ出したくなって
夜に彼女が泣くと
トミーは囁くのさ
「いつか良くなる日が来る

[Pre-Chorus]
やり始めたら途中で辞めちゃいけない
成功しようが失敗しようが関係ないのさ
お互いを理解してるし 二人の愛にはそれで十分
挑戦してみようぜ」

[Chorus]
俺達はまだ途中なのさ
僅かな希望にかけて生きてるんだ
ついて来な 絶対成功するって誓うよ
どんなチャンスでも掴んでやる

[Bridge]
耐えなきゃいけないんだ 準備はいいか?
戦いの日々が全てなら 戦うために生きろ

[Chorus]
俺達はまだ途中なのさ
僅かな希望にかけて生きてるんだ
ついて来な 絶対成功するって誓うよ
どんなチャンスでも掴んでやる

俺達はまだ途中なのさ
僅かな希望にかけて生きてるんだ
ついて来な 絶対成功するって誓うよ
どんなチャンスでも掴んでやる

俺達はまだ途中なのさ
僅かな希望にかけて生きてるんだ
ついて来な 絶対成功するって誓うよ
どんなチャンスでも掴んでやる

「Livin’ On A Prayer(リヴィン・オン・ア・プレイヤー)」 – Bon Jovi(ボン・ジョヴィ)の歌詞を和訳

Livin’ On A Prayer/Bon Jovi 解説

ボーカルのジョン・ボン・ジョヴィは元々この曲をアルバムに収録するつもりは無かったそうです。初レコーディングした時の音源が気に入らなかったらしいのですが、リリースされてみれば米ビルボードで4週連続1位という好セールスを叩き出し、ボン・ジョヴィのファンの間で最も人気の高い楽曲の一つとなりました。

ちなみに歌詞にはトミーとジーナという人物のストーリーが描かれていますが、ボーカルのジョンと作詞家であるデズモンド・チャイルドの経験談に基づいて作られています。

学生時代、ジョンにはプロ野球選手を目指していた知り合いがいましたが、彼はガールフレンドの妊娠を機に夢を諦め仕事に就きました。このストーリーは歌詞中で、おそらく音楽でプロを目指していた過去を持ち、諦めて港で働いているトミーに投影されています。

デズモンドは彼自身がタクシー運転手として生計を立てていた頃に、彼女だったシンガー・ソングライターのマリア・ヴィダルをジーナとして投影しています。マリアは曲中のジーナと同じようにダイナーで働いており、仕事場でのあだ名がジーナだったそうです。なんでもジーナ・ロロブリジーダというイタリアの女優に似ていたからだとか。