Love Story/Taylor Swift(2009)

Love Story(ラヴ・ストーリー)は、アメリカのシンガー・ソングライターであるTaylor Swift(テイラー・スウィフト)が2009年にリリースした曲。アルバム『Fearless』に収録。今回はこの曲の歌詞を和訳していきます。

Love Story/Taylor Swift 歌詞和訳と意味

初めて会った時、私たちは若かった
目を閉じると、思い出すわ
私は立っているの
夏のバルコニーで
明かりが見える、パーティやロングドレスが見える
人混みを歩くあなたが見える
そして言うの、「こんにちは」って
私はほとんど知らなかったわ

あなたはロミオで、小石を投げられた
お父さんは言ったわ、「ジュリエットに近づくな」って
私は階段で泣いていたの
「お願い、行かないで」って思いながら言ったわ

ロミオ、どこか二人きりになれる場所へ連れて行って
待っているわ、あとは逃げるだけよ
あなたはプリンスで私はプリンセスになるの
これがラブストーリーよ、ただ「わかった」と言って

だからあなたに会うために庭に忍び込むの
静かにしていたわ、バレたら終わりだから
だから目を閉じて
少しの間だけこの街から逃げ出すの

あなたはロミオで、私はスカーレット・レターだったから
お父さんは言ったわ、「ジュリエットに近づくな」って
でもあなたは私のすべてだった
「お願い、行かないで」って思いながら言ったわ

ロミオ、どこか二人きりになれる場所へ連れて行って
待っているわ、あとは逃げるだけよ
あなたはプリンスで私はプリンセスになるの
これがラブストーリーよ、ただ「わかった」と言って
ロミオ、助けて、皆が恋愛観を押し付けようとするの
この愛は困難だけど、本物よ
恐れないで、すべてうまくいくわ
これがラブストーリーよ、ただ「わかった」と言って
あぁ

待ちくたびれたわ
あなたはもう来ないんじゃないかって
あなたへの信頼は薄れていった
街のはずれであなたに会った時、言ったね

ロミオ、助けて、とても孤独なの
待ち続けたけどあなたは来なかった
これは私の妄想かしら?何を考えたらいいの
彼は地面にひざまずいて指輪を取り出した

そして言ったの「僕と結婚して、ジュリエット
もう君を独りにはさせないよ
君を愛してる、それが僕にわかるすべて
お父さんとは話したよ、白いドレスを選びに行こう
これがラブストーリーだよ、ただ「はい」と言って」

あぁ
あぁ
初めて会った時、私たちは若かったから

「Love Story(ラヴ・ストーリー)」 – Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の歌詞を和訳

Love Story/Taylor Swift 解説

この曲は、彼女が公式に付き合っていない、好きな男の子と困難な状況にあった時のことが歌われています。二人の関係を、「ロミオとジュリエット」の物語の二人の関係と重ね、関係を周囲に認めてもらえないこと、それに対して二人でどこか遠くにいって逃れたいという思いが込められています。

この曲で歌われている相手については、2人の男が候補として推測されています。1人目は、歌手のJoe Jonas(ジョー・ジョナス)です。テイラーと彼は、この曲を収録した数か月後に公式に付き合いました。しかし、ジョーが他の女性に一目ぼれし、27秒ほどの電話で振られてしまったそうです。このことは彼女にとって衝撃的であり、この曲の他にも、「Forever&Always」や「Last Kiss」は、彼について歌われていると言われています。

2人目は「Boys Like Girls(ボーイズ・ライク・ガールズ)」というバンドのボーカルであるMartin Johnson(マーティン・ジョンソン)です。テイラーと彼は、バンドの曲である「Two is Better Than One」と、テイラーの曲である「If This Was a Movie」を共同制作しました。

Amazon Music Unlimitedについて

音楽配信サービスはたくさん種類がありますが、サイト管理人は「Amazon Music Unlimited」を使っています。

・楽曲数が最大(6500万曲):世界No.1のラインナップ。超マイナーでも見つかる
・月額コストが低い:月額780円と他の音楽配信サービスと比較して超低価格
・Alexa対応:音声操作で好きな時に手軽に聴ける
・ダウンロード機能有:ダウンロードしておけばオフライン時でも聴ける
・おすすめ・プレイリスト充実:まだ知らない良曲にきっと出会える

正直、他の音楽配信サービスより群を抜いてお得です。まだ音楽配信サービスを使ったことがない方も、他の音楽配信サービスを利用中の方も、Amazon Music Unlimitedを使ってみてください。きっとヘビーユーザーになるはずです。