/ 歌詞和訳と意味

[Intro: Paul McCartney]
Roll up! Roll up for the magical mystery tour!
マジカル・ミステリー・ツアーへようこそ
Step right this way!
始まるよ

[Verse: Paul McCartney, George Harrison, and (John Lennon)]
Roll up, roll up for the mystery tour
いらっしゃい、マジカル・ミステリー・ツアーへようこそ
Roll up, roll up for the mystery tour
いらっしゃい、マジカル・ミステリー・ツアーへようこそ
Roll up, roll up for the mystery tour
いらっしゃい、マジカル・ミステリー・ツアーへようこそ
(And that’s an invitation)
(招待状さ)
Roll up, roll up for the mystery tour
マジカル・ミステリー・ツアーが始まるよ
(To make a reservation)
(予約しよう)

[Chorus 1: Paul McCartney]
The is waiting to take you away
マジカル・ミステリー・ツアーは君を連れていく
Waiting to take you away
君を連れていくよ

[Verse: Paul McCartney, and (George Harrison)]
Roll up, roll up for the mystery tour
いらっしゃい、マジカル・ミステリー・ツアーへようこそ
Roll up, roll up for the mystery tour
いらっしゃい、マジカル・ミステリー・ツアーへようこそ
Roll up, roll up for the mystery tour
いらっしゃい、マジカル・ミステリー・ツアーへようこそ
(We’ve got you need)
(必要なのは全部揃ってる)
Roll up, roll up for the mystery tour
マジカル・ミステリー・ツアーが始まるよ
(Satisfaction guaranteed)
(きっと満足するよ)

[Chorus 2: Paul McCartney]
The is hoping to take you away
マジカル・ミステリー・ツアーは楽しい旅に連れていく
Hoping to take you away
楽しい旅に連れていくよ

[Bridge]
A mystery trip
ミステリーな旅さ

[Verse: John Lennon, George Harrison, and (Paul McCartney)]
Aaaah… the
マジカル・ミステリー・ツアー
Roll up, roll up for the mystery tour
いらっしゃい、マジカル・ミステリー・ツアーへようこそ
Roll up, roll up for the mystery tour
いらっしゃい、マジカル・ミステリー・ツアーへようこそ
(And that’s an invitation)
(招待状さ)
Roll up, roll up for the mystery tour
マジカル・ミステリー・ツアーが始まるよ
(To make a reservation)
(予約しよう)

[Chorus: Paul McCartney]
The is coming to take you away
マジカル・ミステリー・ツアーは君を連れていく
Coming to take you away
君を連れていくよ
The is dying to take you away
マジカル・ミステリー・ツアーは最高な旅になる
Dying to take you away
最高な旅になるよ
Take you today
今日は最高だよ

曲名
(マジカル・ミステリー・ツアー)
アーティスト名
(ザ・ビートルズ)
収録アルバム
リリース日1967年 (アルバム)

/ 解説

」はリバプールのロックバンド、ビートルズが1967年に発表した楽曲です。

『マジカル・ミステリー・ツアー』とはビートルズが大型バスに乗ってミステリーツアーに出かけるテレビ映画です。そのサウンドトラックがアルバムになってるんです。映画はポール以外のメンバーが乗り気でなく、かなりグダグダな内容みたいですが。

この曲は『マジカル・ミステリー・ツアー』のオープニングを飾るテーマソング。ポールの “Roll up, roll up for the mystery tour” の声が甲高いのはテープスピードを遅くして録音し、通常のスピードに戻したためです。ジョージ・マーティンのブラスセクションとジェフ・エメリックのバスが移動するエフェクトも素晴らしいです。

この曲はポールの作品ですが、一部ジョンも手伝ったようです。素晴らしい作品は色んな才能が集まって出来上がります。その中でもビートルズがスペシャルなのはジョンとポールが作曲において融合した点にあると思います。

素晴らしい曲の他に、妙な映画が同時に生み出されるのもビートルズの魅力であり人間味です。