She Loves You/ 歌詞和訳と意味

[Chorus Repeat 3: Paul McCartney & John Lennon]
She loves you, yeah, yeah, yeah
彼女は君を愛してるよ

[Verse 1: Paul McCartney & John Lennon]
You think you’ve lost your love
君は失恋したんだって
Well, I saw her yesterday
昨日、僕は彼女に会った
It’s you she’s thinking of
彼女は今でも君を想ってるってさ
And she told me what to say
君にそう伝えてと彼女に言われたよ

[Refrain: Paul McCartney & John Lennon]
She says she loves you
彼女は君を愛してる
And you know that can’t be
君も悪い気はしないだろ
Yes, she loves you
そうさ、彼女は君を愛してる
And you know you should be glad
だからもっと喜びなよ

[Verse 2: Paul McCartney & John Lennon]
She said you hurt her
彼女は深く傷ついたんだって
She almost lost her mind
しばらく上の空だったみたい
But now she said she knows
でも彼女は理解した
You’re not the hurting kind
君がそんな人じゃないことに

[Refrain: Paul McCartney & John Lennon]
She says she loves you
彼女は君を愛してる
And you know that can’t be
君も悪い気はしないだろ
Yes, she loves you
そうさ、彼女は君を愛してる
And you know you should be glad, ooh
だからもっと喜びなよ

[Chorus: Paul McCartney & John Lennon]
She loves you, yeah, yeah, yeah
彼女は君を愛してるよ
She loves you, yeah, yeah, yeah
彼女は君を愛してるよ
With a love like that
君もそんなに愛されて幸せだね
You know you should be glad
だからもっと喜びなよ

[Verse 3: Paul McCartney & John Lennon]
You know it’s up to you
あとは君次第だ
I think it’s only fair
これでお互いフェアだと思うよ
Pride can hurt you, too
君も小さなプライドなんか捨てて
Apologise to her
彼女に謝りなよ

[Refrain: Paul McCartney & John Lennon]
Because she loves you
なぜなら彼女は君を愛してる
And you know that can’t be
君も悪い気はしないだろ
She loves you
彼女は君を愛してる
And you know you should be glad, ooh
君ももっと喜びなよ

[Chorus: Paul McCartney & John Lennon]
She loves you, yeah, yeah, yeah
彼女は君を愛してるよ
She loves you, yeah, yeah, yeah
彼女は君を愛してるよ
With a love like that
君もそんなに愛されて幸せだね
You know you should be glad
だからもっと喜びなよ

[Outro Repeat 2: Paul McCartney & John Lennon]
With a love like that
君もそんなに愛されて幸せだね
You know you should be glad
だからもっと喜びなよ

曲名She Loves You
(シー・ラヴズ・ユー)
アーティスト名
(ザ・ビートルズ)
収録アルバム未収録
リリース日 (シングル)

She Loves You/ 解説

「She Loves You」はリバプール (イギリス) のロックバンド、ビートルズが1963年に発表した楽曲です。ジョンとポールの作品です。

リバプールでは“Yes”の代わりに“Yeah” を使う若者用語があり、“Yeah” を全世界に知らしめたそうです。ポールの父は「随分アメリカナイズされてる、She loves you, yes, yes, yesと歌えないのか?」と言いました。

歌詞に3人称のSheを使うのも斬新だったようです。