/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Broke dick dog
壊れかけのディグドッグ
My head slung low
頭を低く吊るされ
Tail knocked in the dirt
しっぽを土に埋め込まれた
and of being told
何度も言われた
Trash is all I’m worth
ゴミ人間と
When I was just a young boy
俺がまだ子供だった頃
Had to take a little grief
小さな悲しみを背負わなければならなかった
Now that I’m much older
だけど今の俺は立派な大人
Don’t put your shit on me
お前の戯言に付き合ってる暇はない

dick dog:男性器+犬の名称。

[Chorus 1]
Grab it and shake it
つかんで振り落として
Reach down scrape it
引きずり回せ
You just got to
すぐにやれ

[Chorus 2]
Scream and shout
悲鳴と叫び声
Rip that mother out
あの母親を引きずり出せ
You just gotta say “hey”
お前は “ヘイ” と言え
and shout
プライマルスクリームと叫び声
Oooh tear it out
引っ張り出して
You just got to say
すぐに言え

[Verse 2]
Janou said
ジャヌーは言った
Meters are
メーターは赤と
Blow a neurotic fuse
ノイローゼになりそうなヒューズを飛ばせ
Show a little
少し見せろ
A little pain
小さな痛みを
Unlock a lot to truth
真実を解き明かそうぜ
When daddy was a young man
パパが若かった頃
His home was living hell
彼の家は地獄のようだった
Mama tried to be perfect
ママはパーフェクトを目指してた
Now her mind’s a padded cell, ya
けど今は精神病棟にいるようなもん

[Chorus 1]
Grab it and shake it
つかんで振り落として
Reach down scrape it
引きずり回せ
You just got to
すぐにやれ

[Chorus 2]
Scream and shout
悲鳴と叫び声
Tear that sucker down
その乳首を引きちぎれ
You just gotta say “hey” alright
お前は “ヘイ” と言え
and shout
プライマルスクリームと叫び声
Suck that terror down
恐怖を吸い込め
You just got to say
すぐに言え
Kick it
そして蹴り飛ばせ

[Verse 3]
Hey man, get out of my face
俺の前から消え失せろ
I deal with my problems at my own pace
俺は自分のペースで問題を処理する
With your screwed-down, anti-human views
人間不信に陥ってんだろ
Deal with the pressures by playing the blues
プレッシャーなんてブルースで処理しろよ
If you wanna live life on your own terms
自分らしく生きたいなら
You got to be willing to crash and burn
クラッシュ&バーンしていいんだぜ

[Chorus 2]
and shout
プライマルスクリームと叫び声
Tear that sucker down
その乳首を引きちぎれ
You just gotta say “hey”
お前は “ヘイ” と言え
and shout
プライマルスクリームと叫び声
Suck that terror down
恐怖を吸い込め
You just gotta say
すぐに言え
Kick it
そして蹴り飛ばせ

[Outro]
Scream, shout (woooh!)
悲鳴、叫び声
Come on come on come on
カモンカモン
Scream, shout
悲鳴、叫び声

曲名
(プライマル・スクリーム)
アーティスト名
(モトリー・クルー)
収録アルバム 81–91
リリース日 8月(シングル)
(アルバム)

/ 解説

」はカリフォルニア州ロサンゼルスのハードロックバンド、モトリー・クルーが1991年に発表した楽曲です。

ベスト盤『デケイド・オブ・デカダンス』に新曲として収録されました。確か、小室哲哉さんのオススメで知った記憶があります。

ミディアムテンポのかっこいいナンバーです。翌年にヴォーカルのヴィンス・ニールが解雇されます。この後、音楽性、メンバーチェンジ、私生活、グランジ旋風と共に紆余曲折ありまくるバンドです。もちろんその前から荒れ狂ったバンドでしたが。

2022年現在オリメンで現役バンドなんで頑張って欲しいです。どれだけ問題を起こしてもメンバーが生存してる限り、バンドが継続する可能性はゼロじゃないんです。