The Manは、テイラーが感じている男性と女性のダブルスタンダードを批判する曲です。

私生活では恋多き女性のテイラーですが、たくさんの男性と付き合っていたことから、メディアでは「浮気性」だと批難されることも。でも彼女が男性だったら、「プレイボーイだ」などといわれてむしろリスペクトされたたのでは? と、男女で世間の評価が異なることに疑問を呈しているわけですね。これはテイラーがアーティストとしてキャリアを積む中でずっと書きたいと思っていたことだそうです。

今回はそんなTaylor Swift(テイラー・スウィフト)、「The Man(ザ・マン)」の和訳を紹介します。

「The Man」歌詞の意味と和訳

複雑だったんだろう
クールだったんだろう
異性に飛びつきすぎって言われてただろう
約束の人を見つけるまでにね
まあそれは問題ないでしょう
私にとってはね
男を落とすたびに
あなたに勝った感じがしただろうから

私は恐れ知らずのリーダーだったろう
支配する側の人間だったろう
皆に信じてもらえるって
どんな感じだろう?

もう疲れきってしまったの
全速力で走ることに
ここまでたどり着くのに
私が男だったらどんなに早かったか
もううんざりよ
また批判しにくるなんて
もし私が男だったら
勲章ものよ
男の中の男って言われてるはず
絶対そう言われてるわ

裏で手を引いてると言われてただろう
卑怯な稼ぎ方をしてるってね
頷きもしなかっただろうし
私が相応しいかどうか疑いもしない
私の着ていたものが
マナー違反だったとしても
完全に分けて評価すべきよ
私の強気な姿勢と優れた思想とはね

私に乾杯でもしたでしょうね
あぁ 女遊びだって許されたはず
サントロペ出身のレオナルド・ディカプリオ
みたいになってたでしょうね

もう疲れきってしまったの
全速力で走ることに
ここまでたどり着くのに
私が男だったらどんなに早かったか
もううんざりよ
また批判しにくるなんて
もし私が男だったら
勲章ものよ
男の中の男って言われてるはず
絶対そう言われてるわ

自慢するってどんな感じかな?
お金儲けしたことの自慢とか
軽い女やモデルとヤった自慢とか
悪い男ならそれも全部許されて
イカれてるなら悪くないって?
もし稼いだお金のことをちらつかせないなら
そんなの成金よりビッチって思われるわ
私を悪評で塗り固めるつもりだろうけど
私イカれてるし好きなようにしたら?

もう疲れきってしまったの
全速力で走ることに
ここまでたどり着くのに
私が男だったらどんなに早かったか
もううんざりよ
また批判しにくるなんて
もし私が男だったら
勲章ものよ

もう疲れきってしまったの
全速力で走ることに
ここまでたどり着くのに
私が男だったらどんなに早かったか
もううんざりよ
また批判しにくるなんて
もし私が男だったら
勲章ものよ
男の中の男って言われてるはず
絶対そう言われてるわ

「The Man(ザ・マン)」 – (テイラー・スウィフト)の歌詞を和訳