Waiting on a War/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
小さな頃から戦争が起きるのを覚悟してた
おもちゃの銃を握り締めた男の子だった頃からね
別に1番になりたいなんて思ったことはないけど
みんなを愛したかったんだ

[Chorus]
この先はあるのか?
もっとできることはあるのか?
この先はあるのか?
もっとできることは
もっと何かできることは
闘いを待つ他にあるのか?
闘いを待つ他にあるのか?

[Verse 2]
毎日何か大変なことが起きるのを覚悟してた
小さな世界に大きな衝突が起きるのをね
他に行く場所もない少年は
ラジオの声に恋に落ちたんだ

フー・ファイターズのリーダー、デイブは、1969年に生まれ、核戦争の恐怖や米ソの冷戦の緊張感の中で幼少期を過ごしました。そんな彼の経験や思いが詰まった歌詞・楽曲となっているようです。

[Chorus]
この先はあるのか?
もっとできることはあるのか?
この先はあるのか?
もっとできることは
もっと何かできることは
闘いを待つ他にあるのか?
闘いを待つ他にあるのか?

[Post-Chorus]
ただ闘いが起きるのを待っている
でもこの先があるはずだ
ただ闘いが起きるのを待っている
もっとできることが何かあるはずなんだ

[Bridge]
小さな頃から戦争が起きるのを覚悟してた
おもちゃの銃を握り締めた男の子だった頃からね

[Chorus]
もっとできることは
もっと何かできることは
闘いを待つ他にあるのか?
闘いを待つ他にあるのか?

[Post-Chorus]
ただ闘いが起きるのを待っている
でもこの先があるはずだ
ただ闘いが起きるのを待っている
もっとできることが何かあるはずなんだ
ただ闘いが起きるのを待っている
でもこの先があるはずだ
ただ闘いが起きるのを待っている
もっとできることが何かあるはずなんだ

[Outro]
だってこの先が必要なんだ
もっとできることがなきゃダメなんだ
闘いを待つ他に
黙って待っている以外に
もっとできることがなきゃダメなんだ
(この先が必要なんだ)
(もっとできることが何かあるはずなんだ)
(ただ闘いが起きるのを待っている)
でもこの先が必要なんだ
(この先が必要なんだ)
(もっとできることが何かあるはずなんだ)
闘いを待つ他に

曲名Waiting on a War
(ウェイティング・オン・ア・ウォー)
アーティスト名Foo Fighters
(フー・ファイターズ)
収録アルバム
リリース日