Don’t Look Back in Anger/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
記憶を掘り起こせば
もっと楽しい場所が見つかるって知らなかったのか
君はそんな場所はなかったって言うが
何でも時が過ぎれば 記憶から少しずつ消えていくだろ

[Pre-Chorus]
じゃあ俺はベッドから出るよ
だって俺が怒ってるって君が言うから
外に出れば もう夏真っ盛り
暖炉のそばに立ってろ
そんな顔をするのはやめろよ
俺を惚れさせることなんかできやしないぜ

[Chorus]
それでもサリーは待つかもしれない
会話しないくらいに手遅れとわかっていても
あの子の心が離れていく
でも怒ったまま振り返らないで そう声が聞こえた

[Verse 2]
俺も連れていってくれよ
昼でも夜でも 誰も知らないところへさ
でも人生を捧げちゃだめだ
ロックバンドなんかにはな
あいつらはめちゃくちゃだから

[Pre-Chorus]
じゃあ俺はベッドから出るよ
だって俺が怒ってるって君が言うから
外に出れば もう夏真っ盛り
暖炉のそばに立ってろ
そんな顔をするのはやめろよ
俺を惚れさせることなんかできやしないぜ

[Chorus]
それでもサリーは待つかもしれない
会話しないくらいに手遅れとわかっていても
俺の心が離れていく
でも怒ったまま振り返らないで そう声が聞こえた

[Chorus]
それでもサリーは待つかもしれない
会話しないくらいに手遅れとわかっていても
あの子の心が離れていく
でも怒ったまま振り返らないで そう声が聞こえた

それでもサリーは待つかもしれない
会話しないくらいに手遅れとわかっていても
俺の心が離れていく
でも怒ったまま振り返らないで
怒ったまま振り返らないで そう声が聞こえた
せめて今日はねって

曲名Don’t Look Back in Anger
(ドント・ルック・バック・イン・アンガー)
アーティスト名
(オアシス)
収録アルバム(What’s the Story)Morning Glory?
リリース日 (シングル)
(アルバム)

Don’t Look Back in Anger/ 解説

「Don’t Look Back in Anger」という曲名もまだ決まっておらず、曲のコードだけが出来ていた頃。ノエルがライブ前のサウンドチェックをしている時、コードを弾いていました。するとメンバーであり弟でもあるリアムがノエルに尋ねました。「What’s that you’re singing?(何を歌ってるんだ?)」

ノエルはその時に歌ったつもりはなかったのですが、続けてリアムは言いました。「Are you singing ‘So Sally can wait?'(‘So Sally can wait’って歌ってるのか?)」

…まるで天啓みたいですよね。この歌詞が気に入ったノエルは、頭に焼き付けると楽屋で「Don’t Look Back In Anger」を書ききったそうです(ヤクをキメながら)。

また、オアシスの曲に「Wonderwall」というのがあるのですが、こちらはボーカルが異なり弟のリアムが歌っています。ノエルはレコーディングにあたってこの「Wonderwall」と「Don’t Look Back in Anger」、それぞれどちらがボーカルを担当するかリアムに決めさせました。その結果、「Wonderwall」を歌いたいと言ったため今の形になったのですが、実は逆になっていた可能性もあったのです。というのも、「Wonderwall」は元々ノエルが当時の恋人に向けて作った曲で、本人的には「Wonderwall」を本当は歌いたかったのだとか。