「Wonderwall」は、オアシスのソングライターであるノエルが当時の恋人だったメグ・マシューズに捧げた歌です。ちなみにノエルがメグに向けて書いた曲は他にもあって、「リトル・バイ・リトル」なんかはメグとの離婚のことを書いていたりします。

「ワンダーウォール」は作曲したノエル本人ではなくリアムがボーカルですが、本当はノエル自身がボーカルをやりたかったそう。でも2ndアルバムを作る時にノエルが「ワンダーウォールとドント・ルック・バック・イン・アンガー、どっちを歌いたい?」とリアムに聞いたところ、ワンダーウォールを選ばれてしまったとか。

でも結果的に「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」がここまで皆に歌われるアンセム的な曲になったんですから、結果オーライですよね。

そういえばこの曲をグリーン・デイが、「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス」でパクってるってノエルが騒いだこともありました。でもトラヴィスが「ライティング・トゥ・リーチ・ユー」でコード進行どころか、歌詞に「Wonderwall」って出してるのはスルーしてるので、単にグリーン・デイが気に食わなかったんでしょうね。

もう1つ小ネタになるのですが、「ワンダーウォール」は元々タイトルが違ったんだそうです。「Wishing Stone」っていうのが当初のタイトルだとか。

「ワンダーウォール」は最高のタイトルですが、「Wishing Stone」も気になりますよね。タイトルにStoneが入っているので、ノエルの憧れたストーン・ローゼスとか絡めた歌だったのかもしれません。

ストーン・ローゼスと言えば、「アイ・アム・ザ・リザレクション」とかもいいですよね。もしストーン・ローゼスをリスペクトした曲だったのなら、それもそれで聴きたかったなぁ・・・。と思うアニでした。

今回はそんなOasis(オアシス)、「Wonderwall(ワンダーウォール」の和訳を紹介します。

「Wonderwall」歌詞の意味と和訳

Today is gonna be the day that
They’re gonna throw it back to you
By now you should’ve somehow
Realized what you gotta do
I don’t believe that anybody
Feels the way I do about you now

今日はとうとう奴らが
仕返しにやってくる日だ
そろそろ自分が何をしたのか
しっかり理解すべきだったのにな
いま俺ほどお前をわかってる
やつなんていないと思うぜ

Backbeat, the word was on the street
That the fire in your heart is out
I’m sure you’ve heard it all before
But you never really had a doubt
I don’t believe that anybody
Feels the way I do about you now

騒がしい街のやつらがお前の
心の情熱を消そうとするけど
そんなのとっくに聞き飽きてたし
お前の気持ちが揺らいだ
ことなんてなかっただろ?
いま俺ほどお前をわかってる
やつなんていないと思うぜ

And all the roads
We have to walk are winding

And all the lights
That lead us there are blinding
There are many things that
I would like to say to you
But I don’t know how

歩む道はいつも
曲がりくねっていたし
照らしてくれる光は
全部眩しすぎた
お前に言いたいことが
たくさんあるんだけど
何て言ったらいいかな?

※このフレーズはノエルが敬愛するThe Beatlesの「The Long And Winding Road」を意識していますね。

Because maybe
You’re gonna be the one
Who saves me
And after all
You’re my wonderwall

たぶんお前こそが
俺を救ってくれる人だから
つまりお前は
俺の心の支えなんだよ

Today is gonna be the day that
They’re gonna throw it back to you
By now you should’ve somehow
Realized what you gotta do
I don’t believe that anybody
Feels the way I do about you now

今日はとうとう奴らが
仕返しにやってくる日だ
そろそろ自分が何をしたのか
しっかり理解すべきだったのにな
いま俺ほどお前をわかってる
やつなんていないと思うぜ

Backbeat, the word was on the street
That the fire in your heart is out
I’m sure you’ve heard it all before
But you never really had a doubt
I don’t believe that anybody
Feels the way I do about you now

騒がしい街のやつらがお前の
心の情熱を消そうとするけど
そんなのとっくに聞き飽きてたし
お前の気持ちが揺らいだ
ことなんてなかっただろ?
いま俺ほどお前をわかってる
やつなんていないと思うぜ

And all the roads
We have to walk are winding
And all the lights
That lead us there are blinding
There are many things that
I would like to say to you
But I don’t know how

歩む道はいつも
曲がりくねっていたし
照らしてくれる光は
全部眩しすぎた
お前に言いたいことが
たくさんあるんだけど
何て言ったらいいかな?

I said maybe
You’re gonna be the one
Who saves me
And after all
You’re my wonderwall

たぶんお前こそが
俺を救ってくれる人なんだ
つまりお前は
俺の心の支えなんだよ

I said maybe
You’re gonna be the one
Who saves me
And after all
You’re my wonderwall

たぶんお前こそが
俺を救ってくれる人なんだ
つまりお前は
俺の心の支えなんだよ

I said maybe
You’re gonna be the one
Who saves me
You’re gonna be the one
Who saves me
You’re gonna be the one
Who saves me

たぶんお前こそが
俺を救ってくれる人なんだ
お前こそが俺を
救ってくれる人なんだ
お前こそが俺を
救ってくれる人なんだ

英語歌詞は「Wonderwall(ワンダーウォール)」 – Oasis(オアシス)より引用

記事作成にあたり参考にさせていただいたサイト: Songfacts, 英語版Wikipedia