I Saw Her Standing There/ 歌詞和訳と意味

[Intro: Paul McCartney]
One, two, three, four!
ワン、ツー、スリー、フォー

[Verse 1: Paul McCartney, McCartney & John Lennon]
Well, she was just seventeen
彼女は17歳だった
And you know what I mean
何が言いたいか分かるよね
And the way she looked was way beyond compare
彼女の可愛らしさは誰かと比べるレベルじゃなかった
how could I dance with another? (Oh)
他の誰と踊れるというんだ?
When I saw her standing there?
あそこに立ってる彼女を見たらね

[Verse 2: Paul McCartney, McCartney & John Lennon]
Well, she looked at me
彼女も僕を見てた
And I, I could see
すぐに僕は分かったよ
That before too long, I’d fall in love with her
彼女と恋に落ちるってね
She wouldn’t dance with another (Woah)
彼女は他の男と踊ろうとしなかった
When I saw her standing there
あそこに立ってる彼女を見たらね

[Bridge: Paul McCartney & John Lennon]
Well, my heart went “boom” when I crossed that room
僕は気分が高揚したままフロアを横切った
And I held her hand in mine
そして彼女の手を握ったんだ

[Verse 3: Paul McCartney, McCartney & John Lennon]
Well, danced through the night
僕たちは夜通し踊った
And held each other tight
そして強く抱きしめ合った
And before too long, I fell in love with her
すぐに僕は彼女と恋に落ちたよ
Now, I’ll never dance with another (Woah)
他の誰とも踊れないよ
Since I saw her standing there
あそこに立ってる彼女を見た後ではね

[Bridge: Paul McCartney & John Lennon]
Well, my heart went “boom” when I crossed that room
僕は気分が高揚したままフロアを横切った
And I held her hand in mine
そして彼女の手を握ったんだ

[Verse 3: Paul McCartney, McCartney & John Lennon]
Oh, danced through the night
僕たちは夜通し踊った
And held each other tight
そして強く抱きしめ合った
And before too long, I fell in love with her
すぐに僕は彼女と恋に落ちたよ
Now I’ll never dance with another (Oh)
他の誰とも踊れないよ
Since I saw her standing there
あそこに立ってる彼女を見た後ではね

[Outro: Paul McCartney & John Lennon]
Oh, since I saw her standing there
あそこに立ってる彼女を見た後ではね
Yeah, well, since I saw her standing there
あそこに立ってる彼女を見た後ではね

曲名I Saw Her Standing There
(アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア)
アーティスト名
(ザ・ビートルズ)
収録アルバム
リリース日 (アルバム)

I Saw Her Standing There/ 解説

「I Saw Her Standing There」はリバプールのロックバンド、ビートルズが1963年に発表したファーストアルバム『』のオープニングナンバーです。主にポール・マッカートニーの作品です。

この曲はポールの生の声による「one, two, three, four!」から始まります。レコーディングはテイク9まで録音され、このカウントはテイク9だけに入ってました。結局「I Saw Her Standing There」はテイク1が採用されましたが、そこにテイク9のカウントを追加したそうです。

アルバムの1曲目が生の声から始まるのは案外重要で、サードアルバム『A Hard Day’s Night』の “ジャーン” 以外は、5枚目のアルバム『』まで生の声から始まります。