Once in a Lifetime/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
And you may find yourself living in a shotgun shack
気付けばボロ屋で暮らしてるかもしれない
And you may find yourself in another part of the world
気付けば世界の別の場所にいるかもしれない
And you may find yourself behind the wheel of a large automobile
気付けば大きな車に乗ってるかもしれない
And you may find yourself in a beautiful house, with a beautiful wife
気付けば美しい家で美しい妻がいるかもしれない
And you may ask yourself
そして自分に問いかける
“Well, how did I get here?”
何でこうなったんだっけ?

[Chorus]
Letting the days go by, let the water hold me down
過ぎ去りし日々、水が流れるように
Letting the days go by, water flowing underground
過ぎ去りし日々、水が地下に流れていく
Into the blue again after the money’s gone
金がなくなった後、再びブルーの世界へ
Once in a lifetime, water flowing underground
人生に一度、水が地下に流れていく

[Verse 2]
And you may ask yourself, “How do I work this?”
自分に問いかける “これからどうやって働いていく?”
And you may ask yourself, “Where is that large automobile?”
自分に問いかける “あの大きな自動車はどこだ?”
And you may tell yourself, “This is not my beautiful house”
自分に言う “これは僕の美しい家ではない”
And you may tell yourself, “This is not my beautiful wife”
自分に言う “これは僕の美しい妻ではない”

[Chorus]
Letting the days go by, let the water hold me down
過ぎ去りし日々、水が流れるように
Letting the days go by, water flowing underground
過ぎ去りし日々、水が地下に流れていく
Into the blue again after the money’s gone
金がなくなった後、再びブルーの世界へ
Once in a lifetime, water flowing underground
人生に一度、水が地下に流れていく

[Refrain Repeat 8]
Same as it ever was, same as it ever was
これまでと同じ、以前と変わらない

[Verse 3]
Water dissolving and water removing
溶かす水と流れる水
There is water at the bottom of the ocean
海底には水がある
Under the water, carry the water
水の中から水を運べ
Remove the water at the bottom of the ocean
海底から水を動かせ
Water dissolving and water removing
溶かす水と流れる水

[Chorus]
Letting the days go by, let the water hold me down
過ぎ去りし日々、水が流れるように
Letting the days go by, water flowing underground
過ぎ去りし日々、水が地下に流れていく
Into the blue again, into the silent water
再びブルーの世界へ、穏やかな水の世界へ
Under the rocks and stones, there is water underground
岩と石の下、地下には水がある
Letting the days go by, let the water hold me down
過ぎ去りし日々、水が流れるように
Letting the days go by, water flowing underground
過ぎ去りし日々、水が地下に流れていく
Into the blue again after the money’s gone
金がなくなった後、再びブルーの世界へ
Once in a lifetime, water flowing underground
人生に一度、水が地下に流れていく

[Verse 4]
You may ask yourself, “What is that beautiful house?”
自分に問いかける “あの美しい家は何だ?”
You may ask yourself, “Where does that highway go to?”
自分に問いかける “あの道はどこまで続く?”
And you may ask yourself, “ I right? I wrong?”
自分に問いかける “僕は正しいのか?間違ってるのか?”
And you may say to yourself, “My God! What have I done?”
自分に問いかける “何てことをしたんだ?”

[Chorus]
Letting the days go by, let the water hold me down
過ぎ去りし日々、水が流れるように
Letting the days go by, water flowing underground
過ぎ去りし日々、水が地下に流れていく
Into the blue again, into the silent water
再びブルーの世界へ、穏やかな水の世界へ
Under the rocks and stones, there is water underground
岩と石の下、地下には水がある
Letting the days go by, let the water hold me down
過ぎ去りし日々、水が流れるように
Letting the days go by, water flowing underground
過ぎ去りし日々、水が地下に流れていく
Into the blue again after the money’s gone
金がなくなった後、再びブルーの世界へ
Once in a lifetime, water flowing underground
人生に一度、水が地下に流れていく

[Outro]
Same as it ever was, same as it ever was
これまでと同じ、以前と変わらない
Same as it ever was and look where my hand was
これまでと同じ、僕の手が何処にあったのか見てくれ
isn’t holding up, isn’t after
時間は待ってくれないし、時間は絶対に止まらない
Same as it ever was, same as it ever was
これまでと同じ、以前と変わらない
Same as it ever was, same as it ever was
これまでと同じ、以前と変わらない
Same as it ever was, same as it ever was
これまでと同じ、以前と変わらない
Letting the days go by, same as it ever was
過ぎ去りし日々、以前と変わらない
Here a twister comes, here comes the twister
竜巻がやってきた、すぐそこだ
Same as it ever was, same as it ever was (Letting the days go by)
これまでと同じ、以前と変わらない
Same as it ever was, same as it ever was (Letting the days go by)
これまでと同じ、以前と変わらない
Once in a lifetime (Let the water hold me down)
人生に一度
Letting the days go by (Water flowing underground)
過ぎ去りし日々
Into the blue again
再びブルーの世界へ

曲名Once in a Lifetime
(ワンス・イン・ア・ライフタイム)
アーティスト名
(トーキング・ヘッズ)
収録アルバム
リリース日1981年 (シングル)
(アルバム)

Once in a Lifetime/ 解説

「Once in a Lifetime」はアメリカのロックバンド、トーキングヘッズが1980年に発表した楽曲です。ブライアン・イーノがプロデュースしたアルバム『リメイン・イン・ライト』に収録されてます。

時間は一定に過ぎており、水の流れには逆らえない。人生は常に “1度きり” が続いていく。こんな感じのテーマでしょうか。

デヴィッド・バーンのブロードウェイでのショーをスパイク・リー監督が映画にしたのが『アメリカン・ユートピア』です。その中でも「Once in a Lifetime」のパフォーマンスは素晴らしかったです。あのサウンドを舞台の出演者だけで演奏してるのは凄いしかないです。