Penny Lane/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1: Paul McCartney]
In Penny Lane there is a barber
ペニーレインには床屋があって
showing photographs
Of every head he’s had the pleasure to know
散髪した写真を飾るのが主人の喜びさ
And all the people that come and go
行き交う人々はみんな
Stop and say hello
立ち止まって彼に挨拶するよ

[Verse 2: Paul McCartney]
On the corner is a banker with a motorcar
車が止まった角には銀行家が住んでる
The little children laugh at him behind his back
小さな子供たちはこっそり笑ってるんだよ
And the banker never wears a mac
In the pouring rain
どしゃぶりの雨でも彼は雨具を着ないからさ
Very strange
すごく奇妙だよね

mac:イギリスでの呼び名で雨具、レインコート

[Chorus 1: with John Lennon & George Harrison]
Penny Lane is in my ears and in my eyes
ペニーレインの光景は僕の耳と目に焼きついてる
There beneath the blue suburban skies
郊外の青空の下で
I sit and meanwhile back
のんびりしてると思い出が蘇るよ

[Verse 3: Paul McCartney]
In Penny Lane there is a fireman with an hourglass
ペニーレインには砂時計を持ち歩く消防士がいる
And in his pocket is a portrait of the
ポケットにはエリザベス女王の写真を忍ばせてね
He likes to keep his fire engine clean
彼は消防車を洗うのが趣味なんだ
It’s a clean machine
おかげでいつもピカピカだよ

hourglass:砂時計。くびれ。

[Chorus 2: with John Lennon & George Harrison]
Penny Lane is in my ears and in my eyes
ペニーレインの光景は僕の耳と目に焼きついてる
of fish and finger pies
4ペンスのフィッシュ&チップスとフィンガーパイ
In summer meanwhile back
夏になると思い出が蘇るよ

finger pies:フィンガー・セックス。愛撫。

[Verse 4: Paul McCartney]
Behind the shelter in the middle of a roundabout
ラウンドアバウトの真ん中にあるシェルターの影で
A pretty nurse is selling poppies from a tray
可愛い看護師さんがポピーをトレイに乗せて売ってる
And though she feels as if she’s in a play
彼女は演技してるみたいに見えるんだよね
She is anyway
彼女にとってそこが舞台さ

shelter:バスシェルター→バスターミナル
poppies:植物の「ケシ」。赤い花が特徴でアヘンなどにもなる。

[Verse 5: Paul McCartney]
In Penny Lane the barber shaves another customer
ペニーレインでは床屋がお客さんのヒゲを剃って
see the banker sitting, waiting for a trim
銀行家が順番待ちしてる
And then the fireman rushes in
From the pouring rain
するとどしゃぶりの中を消防士が駆け込んで来るんだ
Very strange
すごく奇妙だよね

[Chorus 1: with John Lennon & George Harrison]
Penny Lane is in my ears and in my eyes
ペニーレインの光景は僕の耳と目に焼きついてる
There beneath the blue suburban skies
郊外の青空の下で
I sit and meanwhile back
のんびりしてると思い出が蘇るよ

[Chorus 2: with John Lennon & George Harrison]
Penny Lane is in my ears and in my eyes
ペニーレインの光景は僕の耳と目に焼きついてる
There beneath the blue suburban skies
郊外の青空の下で
Penny Lane
ペニーレイン

曲名Penny Lane
(ペニー・レイン)
アーティスト名
(ザ・ビートルズ)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
(アルバム)

Penny Lane/ 解説

「Penny Lane」はリバプール(イギリス)のロックバンド、ビートルズが1967年に「Strawberry Fields Forever」と両A面シングルとして発表した楽曲です。

ポール・マッカートニーの作品で、サウンドはビーチ・ボーイズの「」を意識してるそうです。「ペニー・レイン」はリバプールにあるストリートの名称です。

当初は『Sgt. Pepper’s Hearts Club Band』に収録予定でしたが、結果的に『』のキャピトル編集盤(アメリカ盤)に収録される形となりました。大人の事情やらジョージ・マーティンのこだわりやらで色々ややこしいです。

ポールは曲が完成してからもまだ物足りなさを感じてましたが、偶然テレビで小さなトランペットを吹く奏者を発見、しかもジョージ・マーティンの友人デヴィッド・メイスンでした。後日、デヴィッドを呼び寄せレコーディングに参加してもらったそうです。小さな楽器はピッコロ・トランペットと呼ばれ、楽曲にいい味をもたらしてます。