Stairway to Heaven/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
There’s a lady who’s sure all that glitters is gold
輝くものはすべて黄金になると信じてる女性がいる
And she’s buying a stairway to Heaven
そして彼女は天国への階段を手にいれる
When she gets there she knows, if the stores are all closed
すべての店が閉まっていても彼女はそこにあるのを知ってる
With a word she can get what she came for
だから彼女は鶴の一声を発するだけ
Ooh, ooh, and she’s buying a stairway to Heaven
そして彼女は天国への階段を手に入れる
There’s a sign on the wall, but she wants to be sure
壁には何か書いてあるので彼女は確かめたい
‘Cause you know sometimes words have two meanings
言葉には2つの意味があるからだ
In a tree by the brook, there’s a songbird who sings
小川のほとりにある木で鳥がさえずる
Sometimes all of our thoughts are misgiven
時として私たちの思考を悩ませる

[Chorus]
Ooh, it makes me
不思議だね
Ooh, makes me
不思議だね

[Verse 2]
There’s a feeling I get when I look to the West
西の方角を見ると感じる
And my spirit is crying for leaving
私の魂がここを去りたいと泣き叫んでいる
In my thoughts I have seen rings of smoke through the trees
思考の中で木々の間を抜けていく煙の輪を見る
And the voices of those who stand looking
一緒に見守る人の声も聞こえる

[Chorus]
Ooh, it makes me
不思議だね
Ooh, really makes me
本当に不思議だね

[Verse 3]
And it’s whispered that soon if all call the tune
音に耳を傾けるとささやき声が聞こえる
Then the piper will lead to reason
まもなく笛吹が現れて、私たちを理性の思考へと導いてくれる
And a new day will dawn for those who stand long
長く耐え忍んだ人だけに新しい日が訪れ
And the forests will echo with laughter
森には笑い声が響き渡るだろう

[Chorus]
Oh-oh-oh-oh-woahhh

[Verse 4]
If there’s a bustle in your hedgerow, don’t be alarmed now
垣根がざわついても怯えることはない
It’s just a spring clean for the May
5月の女王を迎えるための春の大掃除だから
Yes, there are two paths you can go by
君の前には2つの道がある
But in the long run
どちらに行っても長旅にはなるけれど
There’s still to change the road you’re on
道を変える時間も残されてる

hedgerow:低木を並べた生け垣
May :五月の女王、五月祭の女王に選ばれた少女、花の冠をかぶる

[Chorus]
And it makes me
不思議だね
Ohh, woah

[Verse 5]
Your head is humming
君の頭の中で何かが鳴ってる
And it won’t go, in case you don’t know
念のために言っておくけど
The piper’s calling you to join him
笛吹がこっちへおいでと呼んでるんだ
Dear lady, can you hear the wind blow?
親愛なるレディよ、風の音が聞こえるかい?
And did you know your stairway lies on the whispering wind?
君の階段は風のささやきに沿って続いてるのが分かるかい?

[Bridge]
And as wind on down the road
道を曲がりながら進んでいくと
Our shadows taller than our soul
私たちの影は魂よりも高くなる
There walks a lady all know
道の途中でよく知ってるあの女性に出会う
Who shines white light
彼女は白い光を放ちながら
And wants to show how still turns to gold
すべてを黄金に変える方法を示してくれる
And if you listen very hard
耳を澄ませば
The tune will come to you at last
あの笛吹の調べが君に届くだろう
When all are one, and one is all
すべてがひとつになり、ひとつがすべてになった時
To be a rock and not to roll
それは一枚岩になって崩れ落ちることはない

[Outro]
And she’s buying a stairway to Heaven
そして彼女は天国への階段を手に入れる

曲名Stairway to Heaven
(天国への階段)
アーティスト名
(レッド・ツェッペリン)
収録アルバム IV (Untitled)
リリース日 1(アルバム)

Stairway to Heaven/ 解説

「天国への階段」はイギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリンが1971年に発表した楽曲です。アルバム『 IV』に収録されてます。正式なタイトルは『Untitled (無題)』で便宜上『4』と呼んでます。

ジミー・ペイジが語るように「静かに始まって徐々に盛り上がってゆく長い曲」で曲の長さは8分あります。

歌詞はmakes me (不思議だね)を連発します。まさしく不思議な歌詞です。タイトルが天国への階段なんです。ロバート・プラントは空想の世界をイメージさせる詩が多いですね。

ポイントは序盤の “輝くものはすべて黄金になる” の伏線が最後に回収されることです。そして決め台詞の “To be a rock and not to roll” がかっこいいです。