Whole Lotta Love/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
You need coolin’, baby
冷静になれよ
I’m not foolin’
俺はふざけてないぜ
I’m gonna send you back to schoolin’
俺が一からお前を教育してやる
Way down inside, honey, you need it
お前も心の奥から欲してるんだろ
I’m gonna give you my love
俺の愛をお前にくれてやる
I’m gonna give you my love, oh
俺の愛をお前にくれてやるよ

[Chorus Repeat 4]
Wanna whole lotta love?
胸いっぱいの愛が欲しいか?

whole:全体、全部、すべて
lotta:a lot ofの略語、たくさんの

[Verse 2]
You’ve been learnin’, baby
分かってくれたようだな
I’ve been yearnin’
俺はこの瞬間をずっと待ち望んでたんだ
All them good times, baby, baby,
素晴らしい時間を過ごして
I’ve been learnin’
俺も色々学んだよ
Way, way down inside, honey, you need it
お前も心の奥から欲してるんだろ
I’m gonna give you my love, ah
俺の愛をお前にくれてやる
I’m gonna give you my love, ah, oh
俺の愛をお前にくれてやるよ

yearnin’:憧れ、切望、 熱望

[Chorus Repeat 4]
Wanna whole lotta love?
胸いっぱいの愛が欲しいか?

[Verse 3]
You’ve been coolin’, baby,
落ち着いてきたな
I’ve been droolin’
俺はもう我慢の限界なんだ
All the good times, baby
素晴らしい時間を過ごしすぎて
I’ve been misusin’
言葉使いもおかしいよ
Way, way down inside, I’m gonna give you my love
心の奥から湧き出てくる俺の愛をくれてやる
I’m gonna give you every inch of my love
俺のあらゆる愛をお前にくれてやる
Gonna give you my love,
俺の愛をお前にくれてやるよ
Hey, all right, yes, sir
いいか

droolin’:よだれを垂らす
misusin’:誤用、悪用、乱用

[Chorus Repeat 4]
Wanna whole lotta love?
胸いっぱいの愛が欲しいか?

[Outro]
Way down inside
Woman, you need
Love
お前も心の奥から愛を求めてるんだろ
Shake for me, girl,
突き動かしてくれ
I want to be your back-door man
俺はバックドアマンになりたいんだ
Hey! Oh! Hey! Oh! Hey! Oh! Oh
Oh, oh, oh, oh
Keep it coolin’, baby
落ち着けよ、ベイビー
Keep it coolin’, baby
落ち着いてよ
Keep it coolin’, baby
落ち着けって言ってんだろ
Ah-keep it coolin’, baby
落ち着いてくれよ
Ah, oh, hoaoh…
おぉ

You need Love:マディ・ウォターズ「You need Love」の作者ウィリー・ディクスンに著作権問題で訴えられて作品クレジットにディクスンが加わってます。
back-door man:既婚女性に手を出した男、不倫。正面だとバレるので裏口から出入りする意味です。お尻の穴の意味もあります。
曲名Whole Lotta Love
(邦題:胸いっぱいの愛を)
アーティスト名
(レッド・ツェッペリン)
収録アルバム
リリース日1969年 (シングル)
1969年 (アルバム)

Whole Lotta Love/ 解説

「Whole Lotta Love」はイギリスのハードロックバンド、レッド・ツェッペリンが1969年に発表した楽曲です。

タイトルはWholeは全体、Lottaはa lot ofなので邦題の「胸いっぱいの愛を」は言い得て妙であります。

歌詞はダイレクトに肉体を求める性的な内容です。ツェッペリンは「Immigrant Song」「Rock And Roll」「Stairway to Heaven」と和訳してきましたが、どれも詞的でロマンがあったので意外でした。『』と『 Ⅲ』の間でロバート・プラントに心境の変化があったのかもしれません。

90年代の時点でレッド・ツェッペリンはクラシックロックと呼ばれてました。さらに30年経った現在ではどういう立ち位置なんでしょうね。