Virtual Insanity/ 歌詞和訳と意味

[Intro]
World we’re living in, let me tell ya
僕達の住む世界のことを教えてやるよ

[Verse 1]
And it’s a man can eat at all
不思議なことに皆なんでも受け入れるんだ
When things are big that should be small
重要なことをどうでもいいみたいにね
Who can tell what magic spells
僕達が自分自身にどんな魔法をかけたか
We’ll be doing for us?
なんて誰がわかるんだい?

And I’m giving all my love to this world
「僕は心からこの世界を愛してる」
Only to be told
そんな言葉が聞こえるだけ
I can’t see, I can’t breathe
何も見えないし息もできない
No more will be
僕らはそれだけの存在

And nothing’s going to change
何が起きたって変えられないんだ
The way live
僕らがこの星で生きるやり口をね
‘Cause can always take
だって僕らはいつも奪うだけで
But never give
与えるなんてしないんだから
And now that things are changing for the worse
そして今じゃどんどん悪くなっていく一方なのさ

See, it’s a crazy world we’re living in
ほらね なんてイカれた世界に僕らは暮らしてるんだ
And I just can’t see that
しかも全く気付かないのさ
Half of immersed in sin
僕らの半分が犯罪に手を染め
Is all have to give these –
僕らから搾取してるってことに

[Hook]
Future’s made of virtual insanity
未来は仮想への狂気に満ちてる
Now always seem to
どうやら今はなんとか
Be governed by this love have
皆の愛で持ちこたえてるけど
For useless, twisting, our new technology
無意味で摂理を捻じ曲げる新技術なんかのせいで
Oh, now there is no sound
ほら 何の音も聞こえないよ
For all live underground
皆地下で暮らしてるからさ

[Verse 2]
And I’m thinking what a mess we’re in
なんて酷いところに僕らはいるんだ
Hard to know where to begin
何から始めたら良いかもわかんない
If I could slip the sickly ties
抜け出せたらなって思うよ
that earthly man has made
この世が作り出した気味悪い束縛から

And now every mother
だって最近のママ達は
Can choose the colour of her child
ベイビーの肌の色だって選べるんだ
That’s not nature’s way
でもそんなの自然の理に反してるよ

Well that’s what they said yesterday
昨日あいつらが言ってた通りだ
There’s nothing left to do but pray
もうただ祈るしかないよ
I think it’s time I found a new religion
新しい宗教でも作る時が来たかな

Whoa, it’s insane to synthesize another strain
他の血統を混血させるなんて正気?
There’s something in these futures
近い将来 やめとけって言われるような
That have to be told
恐ろしいものが出来上がるよ

[Hook]
Future’s made of virtual insanity
未来は仮想への狂気に満ちてる
Now always seem to
どうやら今はなんとか
Be governed by this love have
皆の愛で持ちこたえてるけど
For useless, twisting, our new technology
無意味で摂理を捻じ曲げる新技術なんかのせいで
Oh, now there is no sound
ほら 何の音も聞こえないよ
For all live underground
皆地下で暮らしてるからさ

[Bridge]
Now there is no sound
何の音も聞こえないんだ
If all live underground
皆地下で暮らしてしまったら
And now it’s virtual insanity
これが仮想への狂気に満ちた世界さ
Forget your virtual reality
ヴァーチャルリアリティなんか忘れなよ
Oh, there’s nothing so as a meddling man
そこが居心地の良い世界だってそりゃわかってるさ

[Hook]
Future’s made of virtual insanity
未来は仮想への狂気に満ちてる
Now always seem to
どうやら今はなんとか
Be governed by this love have
皆の愛で持ちこたえてるけど
For useless, twisting, our new technology
無意味で摂理を捻じ曲げる新技術なんかのせいで
Oh, now there is no sound
ほら 何の音も聞こえないよ
For all live underground
皆地下で暮らしてるからさ

[Outro]
Oh, now there’s nothing that live in
僕らの住む場所なんかどこにもない
It’s all gone wrong
こんなの何もかも間違ってるよ
Out of window, you know
言うまでもないけど
There is nothing worse than a rambling man
能天気でいるのは最悪だし
There is nothing worse than a foolish mind
馬鹿なやつは害悪なのさ
Virtual insanity is what we’re living in now
僕らはこんな仮想への狂気に満ちた世界にいるんだよ
It’s alright now
わかっただろ

曲名Virtual Insanity
(ヴァーチャル・インサニティ)
アーティスト名
(ジャミロクワイ)
収録アルバム
リリース日1996年 (シングル)
1996年 (アルバム)

Virtual Insanity/ 解説

Virtual Insanityはボーカルのジェイ・ケイが日本の北海道の街にインスピレーションを得て書かれた曲で、自然の理に反して発展していく技術へ警鐘を鳴らす歌詞になっています。

ジャミロクワイが1995年の日本公演ツアーで札幌に訪れた時のこと。ボーカルのジェイ・ケイは街のあまりの人通りのなさに驚き、一体どこに人がいるのかと思い街中を探してみました。そうすると一人の老婦人に出会います。

皆どこに居るのかと彼女に尋ねた彼は、連れられるまま階段を降りていきます。そこで彼が見たのは、地下に作られた街(恐らくさっぽろ地下街)でした。驚いたジェイ・ケイは、この経験をもとにホテルで曲を書き上げます。こうして出来たのが名曲「Virtual Insanity」です。

曲名Virtual Insanity
(ヴァーチャル・インサニティ)
アーティスト名
(ジャミロクワイ)
収録アルバム
リリース日1996年 (シングル)
1996年 (アルバム)