Country House/ 歌詞和訳と意味

[Intro]
the story begins
物語はこんな感じで始まる

[Verse 1]
City dweller, successful fella
都会に住んでる成功者
Thought to himself, “Oops, I’ve got a lot of money” (Lot of money)
彼は考えた “なんてことだ、大金を手に入れてしまった”
Caught in a rat race, terminally
しかし出世競争に巻き込まれて早くも大ピンチ
I’m a professional cynic but my heart’s not in it
僕はプロの皮肉屋だけど本心じゃないよ
I’m paying the price of living life at the limit (To the limit)
ギリギリの生活をしてきたツケを払わされてるだけなんだ
Caught up in the century’s anxiety
世紀末の不安に襲われ
Yes, it preys on him (Preys on him)
喰い物にされ
He’s getting thin (Getting thin)
彼はどんどん痩せこけてく
Try the simple life
シンプルライフを試してみよう

rat race:出世競争。キリがない無意味な争い。

[Chorus 1]
He lives in a house
A very big house in the country
田舎で彼はクソデカい家に住んでる
Watching afternoon repeats
午後の再放送ドラマを観ながら
And the food he eats in the country
田舎で食事をしてる
He takes all manner of pills
あらゆる種類の薬を服用してるから
And piles up analyst bills in the country
田舎で精神科医からの請求書が積み上げられてる
Oh, it’s like an farm
まるで動物農場のようだね
That’s the rural charm in the country
これが田舎の魅力溢れる暮らしなんだ

analyst:アナリスト。分析者。精神分析者。
farm:『動物農場』1945年に刊行されたジョージ・オーウェルの小説

[Verse 2]
He’s got morning glory and life’s a different story
モーニング・グローリーをゲットしたなら彼には違う人生が待っていただろうね
Everything’s going Jackanory (Jackanory)
ジャッカノリーのような
Touched with his own mortality
そこそこの人生を送るだろう
He’s reading Balzac and knocking back Prozac
彼はバルザックを読みながらプロザックを飲み込んでる
It’s a helping hand that makes you feel wonderfully bland
程よい退屈生活を送るにはいい手助けだよ
(Close your eyes, try it)
(目を閉じて、試してみてよ)
Oh, it’s a century’s remedy for the faint at heart (Faint at heart)
気弱な人のための世紀の治療法とも言えるね
A new start (New start)
まさに新しいスタートだよ
Try the simple life
シンプルライフを試してみよう

morning glory:敵対するオアシスのセカンドアルバム。
Jackanory:1965年から1996年に放送されたBBCの子供向けテレビシリーズ。
Balzac:19世紀のフランス人小説家、オノレ・ド・バルザック。
Prozac:プロザック。抗うつ剤。

[Chorus 2]
He lives in a house
A very big house in the country
田舎で彼はクソデカい家に住んでる
(Blow, blow me out, I sad, I don’t know why)
(僕を吹き飛ばしてよ、とても悲しいけど理由が分からないんだ)
He’s got a fog in his chest
彼は肺に影があるから
he needs a lot of rest in the country
田舎でたくさん休息をとらないとね
He doesn’t drink, smoke, laugh
彼は酒を飲まない、タバコは吸わない、笑いもしない
Takes herbal baths in the country
田舎でハーブのお風呂に浸かってるだけ
(Blow, blow me out, I sad, I don’t know why)
(僕を吹き飛ばしてよ、とても悲しいけど理由が分からないんだ)
But you’ll come to no harm
On the farm in the country
でも田舎の動物農場では傷つくことはないんだってさ
In the country, in the country, in the country
田舎では、田舎では、田舎では

[Bridge Repeat 2]
Blow, blow me out, I sad, I don’t know why
僕を吹き飛ばしてよ、とても悲しいけど理由が分からないんだ

[Chorus 1]
Oh, he lives in a house
A very big house in the country
田舎で彼はクソデカい家に住んでる
(Blow, blow me out, I sad, I don’t know why)
(僕を吹き飛ばしてよ、とても悲しいけど理由が分からないんだ)
Watching afternoon repeats
午後の再放送ドラマを観ながら
And the food he eats in the country
田舎で食事をしてる
He takes all manner of pills
あらゆる種類の薬を服用してるから
And piles up analyst bills in the country
田舎で精神科医からの請求書が積み上げられてる
(Blow, blow me out, I sad, I don’t know why)
(僕を吹き飛ばしてよ、とても悲しいけど理由が分からないんだ)
Oh, it’s like an farm
まるで動物農場のようだね
That’s the rural charm in the country
これが田舎の魅力溢れる暮らしなんだ

[Chorus 2]
Oh, he lives in a house
A very big house in the country
田舎で彼はクソデカい家に住んでる
(Blow, blow me out, I sad, I don’t know why)
(僕を吹き飛ばしてよ、とても悲しいけど理由が分からないんだ)
He’s got a fog in his chest
彼は肺に影があるから
he needs a lot of rest in the country
田舎でたくさん休息をとらないとね
He doesn’t drink, smoke, laugh
彼は酒を飲まない、タバコは吸わない、笑いもしない
Takes herbal baths in the country
田舎でハーブのお風呂に浸かってるだけ
(Blow, blow me out, I sad, I don’t know why)
(僕を吹き飛ばしてよ、とても悲しいけど理由が分からないんだ)
But you’ll come to no harm
On the farm in the country
でも田舎の動物農場では傷つくことはないんだってさ

[Outro]
Who’s that? La-la
誰のことなんだろうね?
I wanna be, I wanna be
僕もそうなりたいよ

曲名Country House
(カントリー・ハウス)
アーティスト名
(ブラー)
収録アルバム
リリース日1995年 (シングル)
(アルバム)

Country House/ 解説

「Country House」はイギリスのロックバンド、ブラーが1995年に発表したシングルです。ブラーサイドがオアシスの「Roll With It」と同じ発売日にぶつけたことで、オアシスVSブラーの対立構造がピークを迎えた時期でもあります。歌詞にも『モーニング・グローリー』を使ってます。

チャート対決はカップリングが異なる2種類の「Country House」をリリースしたブラーが制しましたが、オアシスは神アルバム『モーニング・グローリー』でブラーを圧倒し、結果的にはオアシスが大勝利した形で終わります。

私の記憶ではこの時代、ブラーはあらゆる方面からバカにされてた気がします。しかしブラーは自分たちを見つめ直し、己の道を模索し続け、徐々に評価を上げていきました。シングル「Song 2」では念願のアメリカでの成功も手に入れました。

一方、オアシスは勢いを失い、迷走気味な活動をしてた印象です。音楽に勝ち負けはありませんが、今振り返ると「Roll With It」と「Country House」の対決自体が地味だったように思えます。