it’s time to go/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
When the dinner is cold and the chatter gets old
ディナーが冷めておしゃべりにも飽きて
You ask for the tab
お会計を頼むときや
Or that moment again, he’s insisting that
Look at each other like that
彼が友達同士を気があるふうに見つめあってるって
また言い出すあの瞬間
When the words of a sister come back in whispers
姉妹のように親しかった友達の言葉が
陰口になって返ってきて
That prove she was not in fact what she seemed
彼女の本性がわかって
Not a twin from your dreams
夢の双子のような存在じゃなく
She’s a crook who was caught
詐欺師のような人だったってわかったとき

テイラーの決裂した過去の親友、カーリー・クロスへの言及と思われます。大親友だった二人ですが、2018年以降テイラーの敵対している人々とカーリーが親しくしている様子が見られるなど、決裂が噂されています。

[Chorus]
That old familiar body ache
あの慣れ親しんだ痛みと
The snaps from the same little breaks in your soul
魂が小さく壊れる感覚で
You know when it’s time to go
去るときがきたって分かるの

同アルバムに収録の楽曲“coney island”とも重なる歌詞です。

[Verse 2]
Twenty years at your job
20年も仕事をしてきたのに
Then the son of the boss gets the spot that was yours
上司の子供にポジションを奪われたときや
Or trying to stay for the kids
子供たちの為だけに離婚を避けているけれど
When keeping it how it is will only break their hearts worse
現状を維持することでどんどんお互いの心が壊れていくとき

テイラー自身の両親に言及していると思われます。

[Chorus]
That old familiar body ache
あの慣れ親しんだ痛みと
The snaps from the same little breaks in your soul
魂が小さく壊れる感覚で
You know when it’s time to go
去るときがきたって分かるの

[Post-Chorus]
Sometimes giving up is the strong thing
時に諦めることは強いことで
Sometimes to run is the brave thing
逃げることは勇敢なこと
Sometimes walking out is the one thing
去ることが唯一
That will find you the right thing
正しい選択だと思える時もある
Sometimes giving up is the strong thing
時に諦めることは強いことで
Sometimes to run is the brave thing
逃げることは勇敢なこと
Sometimes walking out is the one thing
去ることが唯一
That will find you the right thing
正しい選択だと思える時もある

2012年のアルバム”Red”に収録の楽曲 “Better Man”にも、同様の歌詞が出てきます。 “strong”と韻を踏む”wrong”ではなく”right”と言うワードチョイスもポイントです。

[Verse 3]
Fifteen years, fifteen million tears
15年間で流した、1500万粒の涙
Begging ‘til my knees bled
膝から血が出るまで懇願した
I gave it my all, he gave me nothing at all
全てを捧げたものなのに、彼は私に何も残さなかった
Then wondered why I left
どうして去ったのかって不思議に思ったわ
Now he sits on his throne in his palace of bones
彼は骨を積んだお城の王座に座って
Praying to his greed
欲から出る願いばかり口にする
He’s got my past frozen behind glass
私の過去は彼に奪われガラスの中で凍っているけれど
But I’ve got me
私にはまだ私がいるわ

テイラーがBig Machine Recordsで過ごした15年間に言及していると思われます。レーベルを移籍した後も、彼女の制作した最初の6アルバムとそこに収録された楽曲の権利は彼女自身の手から奪われてしまい、これに対してテイラーは度々怒りを示してきました。

[Chorus]
That old familiar body ache
あの慣れ親しんだ痛みと
The snaps from the same little breaks in my soul
魂が小さく壊れる感覚で
I know when it’s time to go
去るときがきたって分かるの

[Post-Chorus]
Sometimes giving up is the strong thing
時に諦めることは強いことで
Sometimes to run is the brave thing
逃げることは勇敢なこと
Sometimes walking out is the one thing
去ることが唯一
That will find you the right thing
正しい選択だと思える時もある
Sometimes giving up is the strong thing
時に諦めることは強いことで
Sometimes to run is the brave thing
逃げることは勇敢なこと
Sometimes walking out is the one thing
去ることが唯一
That will find you the right thing
正しい選択だと思える時もある

[Outro]
That will find you the right thing
正しい選択だと思える時もある
And you know in your soul
魂が教えてくれるの
You know in your soul
魂がきっと叫ぶわ
When it’s time to go
去る時がきたってね
You know, you know, you know, you know
あなたにはきっと分かるわ
When it’s time to go
去る時がきたってね
then you go
そうしたら去るの
Then you go
前を見て進むの
You just go
ただひたすらに

2019年のアルバム”Lover”に収録の楽曲”Daylight”と重なる終わりの歌詞です。
曲名it’s time to go
(イッツ・タイム・トゥー・ゴー)
アーティスト名
(テイラー・スウィフト)
収録アルバム
リリース日2021年 (アルバム)