Jam/Michael Jackson 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Nation to nation, all the world must come together
世界中のすべての国が 心を一つにして
Face the problems that we see then maybe somehow we can work it out
直面している問題に向き合えば きっと解決できるだろう
I asked my neighbor for a favor, she said later
隣の人に同意を求めても 彼女は「そのうちにね」って言ったんだ
What has come of all the people, have we lost love of what it’s about?
一体何がどうなってるんだ 愛がどんなものかって忘れてしまったの?
I have to find my peace ‘cause no one seems to let me be
誰も分かってくれないから 僕は自分自身で平穏を探さなくちゃいけない
False prophets cry of doom, what are the possibilities?
ほら吹きの預言者が 破滅を叫ぶ そんなことってありえるか?
I told my brother there’ll be problems, times and tears for fears
僕は仲間たちにこう言ったんだ こういうのが恐怖と涙を招く原因だって
But we must live each day like it’s the last
それでも 今日が最後の日だと思って生きていかなくちゃ
Go with it, go with it
やるしかないんだよ

[Chorus]
Jam
集中するんだ
It ain’t, it ain’t too much stuff
手に負えないってわけじゃない
It ain’t too much
It ain’t too much for me to
そうさ 難しいことじゃない
Jam
It ain’t
It ain’t too much stuff
It ain’t, don’t you
It ain’t too much for me to
Jam

[Verse 2]
The world keeps changing, rearranging minds and thoughts
世界は変わり続ける 考え方や思うこともそうさ
Predictions fly of doom, the baby boom has come of age, we’ll work it out
破滅の予言がはびこる中 ベビーブーム世代は大人になって一緒に立ち向かえるんだ
I told my brothers don’t you ask me for no favors
仲間には伝えてある 僕をアテにしないでくれと
I’m conditioned by the system, don’t you talk to me, don’t scream and shout
僕はシステムに囚われている 頼むから叫びながら声をかけないでくれ
She prays to God, to Buddha, then she sings a Talmud song
神に祈り ブッダに祈り そしてタルムードを歌う
Confusions contradict the self, do we know right from wrong?
混乱して 自分の矛盾に苦しむ こんなことで善悪の判断なんかできるのか?
I just want you to recognize me in the temple
ただ気づいて欲しいんだ 僕はもう悟ったよ
You can’t hurt me, I found peace within myself
誰にも僕を傷つけさせない だって僕は答えを見つけたから
with it, go with it
やるしかないんだ

[Chorus]
Jam
集中するんだ
It ain’t, it ain’t too much stuff
手に負えないってわけじゃない
It ain’t too much
It ain’t too much for me to
そうさ 難しいことじゃない

[Verse 3: Heavy D]
Jam, jam, here comes the man
さぁ あの男を見てみろよ
Hot damn, the big boy stands with an upper hand
大したヤツだよ 手を挙げ立ち上がったんだ
Makin’ funky tracks with my man Michael Jackson
ファンキーなトラックメイカー マイケル・ジャクソンさ
Smooth criminal hat, the man is Mike, so relaxed
スムースクリミナル まさにその男 ヤツは落ち着いてるよ
Mingle, mingle, jingle in the jungle
次から次へと 音を繋いで
Bum rushed the door, 3 and 4’s in a bundle
3~4人もいりゃあ ドアは突破できる
Execute the plan, first, I cooled it like a fan
まずはクールに頭を冷やして
Got with Janet, then with Guy, now with Michael
ジャネット ガイ そしてマイケルさ
‘Cause it ain’t too hard to
たいして難しいことじゃない

[Chorus]
Jam
集中するんだ
It ain’t, it ain’t too much stuff
手に負えないってわけじゃない
It ain’t too much
It ain’t too much for me to
そうさ 難しいことじゃない

[Bridge: Heavy D, Michael Jackson]
It ain’t too hard for me to jam
集中するんだ 大したことじゃない
It ain’t too hard for me to jam
やるしかないんだ 難しすぎることなんてない

[Outro]
Dad gone it
やってやるよ
Dad gone it
やってやろうじゃないか
Give it, baby
Give it to me
僕に 力を貸してくれ
Come on
Won’t you really give it to me
さぁ 協力し合うんだ
Got to give it
You just want to give it
一緒にやるだろう?
君の力が必要なんだ

曲名Jam
(ジャム)
アーティスト名Michael Jackson
(マイケル・ジャクソン)
収録アルバムDangerous
リリース日1992年 7月13日(シングル)
1991年 11月26日(アルバム)

Jam/Michael Jackson 解説

“Jam “は、マイケル・ジャクソン8枚目のアルバム『Dangerous』からの4枚目のシングルとしてリリースされ、オープニングトラックとなっています。

この曲のミュージックビデオには、NBAバスケットボール界の伝説マイケル・ジョーダンが出演(ダブルMJ)。この曲は、シカゴ・ブルズ(ジョーダンが当時所属していたチーム)の1992年NBAチャンピオンシップのビデオ「Untouchabulls」でもフィーチャーされ、同シーズンのNBAの多くのプロモーション広告にも使用されました。

多くの意味を持つ「JAM」ですが、問題に直面した時、あまりにも状況が”渋滞”状態。それでも、それに”集中”すれば解決に向かうはずだと、名乗りをあげたスーパースターに”やってやろう”と意志を持って欲しいというメッセージも、ポップな音楽に乗せてくるところがやっぱりマイケル。スーパースターの共演に、MVも見逃せない一曲です。