Let Down/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Transport, motorways and tramlines
交通機関、高速道路、路面電車
Starting and then stopping
発進と停止
Taking off and landing
離陸と着陸
The emptiest of feelings
虚無感
Disappointed people
失望した人々
Clinging on to bottles
酒に溺れる
And when it comes it’s so, disappointing
そうはいっても失望している

[Chorus]
Let down and hanging around
高度を下げて旋回する
Crushed like a bug in the ground
虫のように地面に叩きつけられる
Let down and hanging around
高度を下げて旋回する

[Verse 2]
Shell smashed, juices flowing
殻が割れる、液が流れ出す
twitch, legs are going
翼が痙攣する、脚が腐り出す
Don’t get sentimental
感情に浸ってはいけない
It always ends up drivel
いつものくだらない戯言

[Pre-Chorus]
One day I gonna grow
ある日、僕は翼を手に入れる
A chemical reaction
科学反応が起きる
Hysterical and useless
ヒステリックで役立たず
Hysterical and
ヒステリックで

[Chorus]
Let down and hanging around
高度を下げて旋回する
Crushed like a bug in the ground
虫のように地面に叩きつけられる
Let down and hanging around
高度を下げて旋回する

[Bridge Repeat 3]
Let down again
再び高度を下げる

[Verse 3]
You know, you know where you are with
君は今、何処にいる
You know where you are with
君の居場所は何処?
Floor collapsing
床が崩れてる
Floating, bouncing back
浮いてる、跳ね返す

[Pre-Chorus]
And one day I gonna grow
ある日、僕は翼を手に入れる
A chemical reaction
科学反応が起きる
Hysterical and useless
ヒステリックで役立たず
Hysterical and
ヒステリックで

[Chorus]
Let down and hanging around
高度を下げて旋回する
Crushed like a bug in the ground
虫のように地面に叩きつけられる
Let down and hanging around
高度を下げて旋回する

曲名Let Down
(レット・ダウン)
アーティスト名
(レディオヘッド)
収録アルバム
リリース日1997年 (アルバム)

Let Down/ 解説

「Let Down」はイギリスのロックバンド、レディオヘッドが1997年に発表した楽曲です。名盤『』の収録曲です。

エドとコリンはサウンドに関してフィル・スペクター賛歌 (ウォール・オブ・サウンドを開発) と語ってます。

歌詞のイメージはジョニーによるとスピードと移動が人の心に及ぼすものだそうです。飛行機が墜落するかもしれない不安をイメージするといいと思います。

歌詞は人によってかなり解釈が分かれる面白い曲です。いくつか見て同じ曲とは思えない和訳もありました。私の中でトム・ヨークは可愛らしい歌詞を書く人のイメージ。見た目とは違う彼の人間性が見えます。

この時点でレディオヘッドは偉大なバンドですが、ここから新しいフェーズに突入するんですからレジェンドです。