/, 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Everybody knows my name now
今じゃみんな僕の名前を知ってる
But somethin’ ‘bout it still feels strange
でもいまだになんだか変な感じがするんだ
Like lookin’ in mirror, tryna steady yourself
落ち着こうとして鏡の中を覗いたら
And seein’ somebody else
他の誰かがいるみたいで
And is not the same now
もう全てが昔とは違うんだ
It feels like all our lives have changed
みんなの人生が変わってしまったみたいに感じる
Maybe when I’m older, it’ll all down
もっと歳をとれば落ち着くのかも知れないけれど
But it’s killin’ me now
今はそれがすごく辛いんだ

完璧であることを期待されては、メディアやファンによって貶され傷つけられるアーティストの姿と重なります。若くしてこのような問題に直面したジャスティンが思い起こされます。

[Chorus]
What if you had it all
全てを手にしたとしても
But nobody to call?
電話をかける相手がいなかったら?
Maybe then you’d know me
君は僕を知ってるんだろう
‘Cause I’ve had
僕は全てを手にしたから
But no one’s listening
でも誰も気にかけてくれなくて
And that’s just fuckin’
ただひたすら孤独なんだ

有名になるにつれ、多くのファンと共に多くのアンチを得るという人気芸能人の宿命にジャスティンは13歳と言う幼さで晒されることになりました。幸いにして幸せな結婚がジャスティンにとっては大きな転機になったようです。

[Post-Chorus]
I’m lo-o-o-onely
すごく、すごく孤独なんだ
Lo-o-o-onely
ひたすら孤独なんだ

[Verse 2]
Everybody knows my past now
今じゃみんな僕の過去を知ってる
Like my house was always made of glass
家がまるでガラスばりだったかのように筒抜けだ
And maybe that’s the price you pay
それが代償ってやつなのかもな
For the money and fame at an early age
若くして大金や名声を手に入れることのね
And everybody saw me sick
みんな僕が病んでるって目で見て
And it felt like no one gave shit
誰も気にかけてくれないみたいだった
They criticized the things I did as an idiot kid
馬鹿な子供だった僕のすることをみんな批判したよ

“Those who live in glass houses should not throw stones”(自分も弱みを持っているなら他人のことも攻撃してはいけない)と言う諺からきている歌詞です。 若くして名声と批判の両方に弄ばれた彼は、ライム病、ドラッグ中毒など様々な要因で苦しみ、また問題を起こしてきましたが、それを救ったのは現在の妻ヘイリーであったと語っています。

[Chorus]
What if you had it all
全てを手にしたとしても
But nobody to call?
電話をかける相手がいなかったら?
Maybe then you’d know me
君は僕を知ってるんだろう
‘Cause I’ve had
僕は全てを手にしたから
But no one’s listening
でも誰も気にかけてくれなくて
And that’s just fuckin’
ただひたすら孤独なんだ

[Post-Chorus]
I’m lo-o-o-onely
すごく、すごく孤独なんだ
Lo-o-o-onely
ひたすら孤独なんだ
I’m lo-o-o-onely
すごく、すごく孤独なんだ
Lo-o-o-onely
ひたすら孤独なんだ

曲名
(ロンリー)
アーティスト名,
(ジャスティン・ビーバー、ベニー・ブランコ)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
(アルバム)