(I Can’t Get No) Satisfaction/ 歌詞和訳と意味

[Chorus]
I can’t get no satisfaction
満足できないんだ
I can’t get no satisfaction
満足できないんだよ
‘Cause I try and I try and I try and I try
何度も何度も何度もやってるのにさ
I can’t get no, I can’t get no
全然なんだよ

[Verse 1]
When I’m driving in my car
車を走らせてると
And that man comes on the radio
ラジオから男の声が聞こえる
And he’s telling me more and more
彼が必死に言ってくるのは
About some useless information
どうでもいい情報さ
Supposed to fire my imagination
これで俺の想像力がかきたてられるとでも
I can’t get no, oh no, no, no!
なぁ全然だろ
Hey, hey, hey! That’s what I’ll say!
つまり俺が言いたいのはそういうこと!

[Chorus]
I can’t get no satisfaction
満足できないんだ
I can’t get no satisfaction
満足できないんだ
‘Cause I try, and I try, and I try, and I try
何度も何度も何度もやってるのにさ
I can’t get no, I can’t get no
全然なんだよ

[Verse 2]
When I’m watching my TV
テレビを見てると
And a man comes on and tells me
男が登場して俺に言うのは
How white my shirts can be
シャツがこんなに白くなりますだってさ
Well he can’t be a man
こいつはとんでもない奴だ
‘Cause he doesn’t smoke
The same cigarettes as me
だって彼は俺と同じ煙草を吸ってないんだぜ
I can’t get no, oh no, no, no
なぁ全然だろ
Hey, hey, hey, that’s what I say
つまり俺が言いたいのはそういうこと!

[Chorus]
I can’t get no satisfaction
満足できないんだ
I can’t get no reaction
女の反応もないんだ
‘Cause I try, and I try, and I try, and I try
何度も何度も何度もやってるのにさ
I can’t get no, I can’t get no
全然なんだよ

[Verse 3]
When I’m riding ‘round the world
世界を飛び回ってると
And I’m doing this and I’m signing that
コレやってサインして
And I’m trying to make some
女遊びしようとしても
Who tells me baby, better come back, maybe next week
ベイビー、また来週ねだってさ
‘Cause you see, I’m on a losing streak
俺が連敗中だからかな
I can’t get no, oh no, no, no
なぁ全然だろ
Hey, hey, hey! That’s what I’ll say!
つまり俺が言いたいのはそういうこと!

losing streak:敗北続き。敗北の連続

[Outro]
I can’t get no, I can’t get no, I can’t get no
全然だよ
I can’t get no satisfaction
満足できないんだ
No satisfaction, no satisfaction, no satisfaction
満足できないぜ
I can’t get no
全然なんだよ

曲名(I Can’t Get No) Satisfaction
(サティスファクション)
アーティスト名
(ザ・ローリング・ストーンズ)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
(アルバム)

(I Can’t Get No) Satisfaction/ 解説

「サティスファクション」はロンドン(イギリス)のロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズが1965年に発表した楽曲です。ストーンズは1962年結成で、60周年記念ツアーを周る現役のロックバンドです。

ギターリフと出だしの部分はキース・リチャーズが書き、残りはミック・ジャガーが書きました。当初はフォークソングに仕立てる予定でしたが、結果的に「サティスファクション」はストーンズのターニングポイントとなる作品になりました。

「キースはシングルにするのを嫌がった」とミックは語ってますが、実際はミックも反対で、ミックとキース以外の他メンバー、スタッフがシングル化に賛成しました。このエピソードだけでもストーンズが素晴らしいバンドということが分かりますね。

余談ですが、ポール・マッカートニーが言うには「ストーンズのライブに行ってサティスファクションが演奏されなかったら客は満足しないだろうね」