“You can dance, every dance with the guy who gives you the eye, let him hold you tight”
君に見とれた男と好きに踊ったらいい 抱きしめられても
“You can smile, every smile for the man who held your hand ‘neath the pale moonlight”
好きに笑ったらいいさ 青白い月光の下 君の手を握った男に微笑みかければいい
“But don’t forget who’s taking you home”
でも忘れないでくれ 君を家に連れて帰る「誰か」のことを
“And in whose arms you’re gonna be”
君はその「誰か」の腕に抱かれるのさ
“So darlin’, save the last dance for me”
だから愛しい人よ ラストダンスは私にとっておいてくれ

“Oh, I know that the music’s fine like sparkling wine go and have your fun”
あぁ スパークリングワインのようにいい音楽がかかってる 楽しんでおいで
“Laugh and sing but while we’re apart don’t give your heart to anyone”
笑って歌っておいで ただ離ればなれでもハートは誰にもあげないようにね
“But don’t forget who’s taking you home”
でも忘れないでくれ 君を家に連れて帰る「誰か」のことを
“And in whose arms you’re gonna be”
君はその「誰か」の腕に抱かれるのさ
“So darlin’, save the last dance for me”
だから愛しい人よ ラストダンスは私にとっておいてくれ

“Baby, don’t you know I love you so?”
ベイビー こんなに君を愛してるって伝わらないのかい?
“Can’t you feel it when we touch?”
触れ合っていても感じないのかい?
“I will never, never let you go”
君を離したくなんかない 決して
“I love you, oh-so much”
愛しているよ 誰よりもね

“You can dance, go and carry on till the night is gone and it’s time to go”
踊ったらいいさ 夜が更けるまで踊り続けたらいい そして終わりの時が来て
“If he asks if you’re all alone, can he take you home, you must tell him no”
君が独りか彼が尋ね 家に来ないか誘ったら ちゃんと断るんだよ

“‘Cause don’t forget who’s taking you home”
忘れないで 君を家に連れて帰る「誰か」のことを
“And in whose arms you’re gonna be”
君はその「誰か」の腕に抱かれるのさ
“So darlin’, save the last dance for me”
だから愛しい人よ ラストダンスは私にとっておいてくれ

“‘Cause don’t forget who’s taking you home”
忘れないで 君を家に連れて帰る「誰か」のことを
“And in whose arms you’re gonna be”
君はその「誰か」の腕に抱かれるのさ
“So darlin’, save the last dance for me”
だから愛しい人よ ラストダンスは私にとっておいてくれ

“Save the last dance for me”
ラストダンスは私に
“Save the last dance for me”
ラストダンスは私にとっておいてくれ

※””部分は「Save the Last Dance for Me(邦題:ラストダンスは私に)」 – The Drifters(ドリフターズ)より引用

この曲の詞には、作詞したドク・ポーマスの経験と思いが強く込められています。

ドクは小児麻痺を患っていた影響で、足が満足に動かず常に松葉杖や車椅子を使う生活を送っていました。そんな彼が兄弟の結婚式に呼ばれた際、新婦と兄弟がダンスしているのを見るだけしかできないという苦い経験をします。

足が満足に動かなくても、松葉杖をつき女性に支えてもらいながらでもいいから、ラストダンスだけは自分に残しておいて欲しい。一緒に踊りたい。そんな思いを込めたのが「Save the Last Dance for Me」なのでした。

ちなみにポールマッカートニーは名曲「Hey Jude」を作曲した際に、この曲を聴いていたとされています。

Amazon Music Unlimitedについて

6,500万曲以上が聴き放題!AWAやSpotifyなど他アプリの追随を許さない圧倒的な配信曲数
オフライン再生も無制限!かしこく使えば速度制限もへっちゃら
・他アプリでは聴くことのできない、Amazon Music Unlimited限定の配信曲も!

現在のトレンドからマニアックなものまで、洋楽を聴くならAmazon Music Unlimitedがおすすめ。
色んな音楽アプリが出回っていますが、正直Amazon Music Unlimited一択です。
下のリンクからすぐに登録できますので、一度お試ししてみては?

記事作成にあたり参考にさせていただいたサイト: Songfacts, 英語版Wikipedia