Sold the World/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
passed upon the stair
俺たちは階段の上ですれ違った
spoke of was and when
過去の話をしたんだよな
Although I wasn’t there
でも俺はあの場所にいなかったのに
He said I was his friend
あいつは俺と友達だったと言ったんだ

Which came as some surprise
驚くような話だった
I spoke into his eyes
俺はあいつの目を見て言った
“I thought you died alone
「お前はひとりで死んだと思ってた
A long long time ago”
ずっとずっと前にな」ってね

[Chorus]
Oh no, not me
「おいおい それは俺じゃないぜ
I never lost control
俺は死んじゃいないさ
You’re face to face
お前の目の前にいるのは
With sold the world
世界を売った男だぜ」

[Verse 2]
I laughed and shook his hand
俺は笑ってそいつと握手したよ
And made back home
それで家に帰ったんだ
I searched for form and land
そして俺はあるべき姿や居場所を探したんだ
For years and years I roamed
何年もかけてな

I gazed a gazeless stare
俺はここで目を凝らして見ていた
At all the millions here
大勢の人たちをな
must have died alone
俺たちは孤独に死ぬべきだった
A long long time ago
ずっとずっと前に

[Chorus]
Who knows? Not me
「知るかよ?俺はやだね
never lost control
俺たちはおかしくなっちゃいないし
You’re face to face
お前の目の前にいるのはさ
With sold the world
世界を売った男なんだぜ」

Who knows? Not me
「知るかよ?俺はやだね
never lost control
俺たちはおかしくなっちゃいないし
You’re face to face
お前の目の前にいるのはさ
With sold the world
世界を売った男なんだぜ」

曲名 Sold the World
(邦題:世界を売った男)
アーティスト名
(デヴィッド・ボウイ)
収録アルバム Sold the World
リリース日1970年 (アルバム)

Sold the World/ 解説

日本のCMで流れたりすることはあまりありませんが、David Bowie自身の知名度、そしてNirvanaやLuluの有名なカバーがあることから、とてもよく知られている曲です。

ゲームが好きな人なら、ゲームの「Metal Gear Solid V :The Phantom Pain(メタルギアソリッドV:ファントムペイン)」から知った人もいるんじゃないでしょうか。ちなみにそちらのほうもMidge Ureという歌手がカバーしたものなので、原曲とは違うんですけどね。

この「 Sold the World」が描いているのは、「ドッペルゲンガー(自分とそっくりの人間、第2の自我などのこと)との遭遇」です。いわゆる多重人格の人が自分の中に存在する別の自分に会ってしまう曲なんです。

またこの「 Sold the World」はアルバムの名前でもあるのですが、そのアルバムのいくつかの曲はクトゥルフ神話で有名なH・P・Lovecraft(H・P・ラヴクラフト)の作品になぞらえて製作されていることはあまり知られていません。

曲名 Sold the World
(邦題:世界を売った男)
アーティスト名
(デヴィッド・ボウイ)
収録アルバム Sold the World
リリース日1970年 (アルバム)