「Underdog」歌詞の意味と和訳

彼女はストリートを歩いていて
見上げてみて気づいた
彼は名前のない 一人のホームレス
彼女は彼に名前を尋ねたあと
自分の名前を彼に伝えた
彼は人生にまつわる話を彼女にした
きらきら目を輝かせ
口元に微笑みを浮かべて

たった一度の会話 ほんのひと時で
物事が変わるかは 私たち次第
時々見上げた時に気づくかどうかなの
あいつらは出来っこないって言うけど
私は破天荒に育ってきた
私が追いかける唯一の夢は 私だけのもの

だからは私はペテン師のために歌うの
バス停で取引してるようなね
お給料が入るのを待ってる
シングルマザーのためにも歌うわ
若い先生や 学生のお医者さん
最前列の子供たちは
彼ら皆が逃げないって知ってるよ

この歌は弱い人たちに向けた歌
あなたの愛するものを守り続けてね
いつかちゃんと答えが見つかるよ
そう 立ち上がるの

彼女はタクシーに乗ったの
キッチンに戻るために
彼の奥さんと子供のことを話しながらね
ある国から逃げてきたってこと
そこでは牢屋に入れられたこと
女になって心の内を明かした罪でね

彼女は彼の目を見た
ミラー越しに彼は笑ってた
たった一度の会話 ほんのひと時で
物事が変わるかは 私たち次第
時々見上げた時に気づくかどうかなの

あいつらは出来っこないって言うけど
私は破天荒に育ってきた
私が追いかける唯一の夢は
私だけのもの

だからは私はペテン師のために歌うの
バス停で取引してるようなね
お給料が入るのを待ってる
シングルマザーのためにも歌うわ
若い先生や 学生のお医者さん
最前列の子供たちは
彼ら皆が逃げないって知ってるよ

この歌は弱い人たちに向けた歌
あなたの愛するものを守り続けてね
いつかちゃんと答えが見つかるよ
そう 立ち上がるの

皆 立ち上がって
あなたもそうしようよ

だからは私はペテン師のために歌うの
バス停で取引してるようなね
お給料が入るのを待ってる
シングルマザーのためにも歌うわ
若い先生や 学生のお医者さん
最前列の子供たちは
彼ら皆が逃げないって知ってるよ

この歌は弱い人たちに向けた歌
あなたの愛するものを守り続けてね
いつかちゃんと答えが見つかるよ
そう 立ち上がるの

「Underdog(アンダードッグ)」 – Alicia Keys(アリシア・キーズ)の歌詞を和訳

「Underdog」が伝えたかったこととは?

物事に対するアリシア自身の考え方やスタンスが、見事に表現されている曲ですよねー。

さて、曲のタイトルにもなっている「Underdog」。これは弱い犬を指す言葉です。

強い犬を育てるために、強い犬に自信をつけさせるために、わざと負けるよう育てられた弱い犬。誰からも勝つことを期待されない悲しい犬。そういったものを「Underdog」といいます。

人に置き換えると、誰からも期待されず弱い立場に追いやられている人、といったところでしょうか。一般的にはネガティブなワードです。

でもアリシアはUnderdogという言葉に対しネガティブなイメージは持っていないそうです。

そのような言葉で表現される人たちは過少評価されていて、予想を上回るパワーを持っていると考えているとか。

そんな彼女の考え方もMVによく出ていて、登場人物はいわゆる世間に期待されないような人たちばかり。

それでも彼らは彼らなりに、日々をもがいて生きている姿が生き生きと映し出されていますね。とても素敵な曲、MVだと思います。