Watermelon Sugar/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
夏の夜の苺みたいな味に
歌のような響き
もっとベリーとあの夏の感じが欲しいんだ
素晴らしくて暖かいあの感覚

[Pre-Chorus]
僕を吸い込んで、吐き出して
あれなしじゃいられないんだ
言葉に出しながら考えてる
あれなしじゃいられないんだ

[Chorus]
スイカの甘さでハイになる
ウォーターメロン・シュガー・ハイ
スイカの甘さでハイになる
ウォーターメロン・シュガー・ハイ

かつての恋人に勧められた本”In Watermelon Sugar”に着想を得てこの楽曲を作ったと言うハリー。この歌詞が何を意味するのかについては解釈は聞き手に委ねられたままです。

[Verse 2]
夏の夜の苺
ベイビー、君は6月の終わり
君のお腹の感触と夏の感覚が恋しい
君に洗い流されるようなのも

夏の始まりに関係の始まりを重ね、初夏である6月の終わりに彼女を喩えています。

[Pre-Chorus]
僕を吸い込んで、吐き出して
あれなしじゃいられないんだ

[Chorus]
スイカの甘さでハイになる
ウォーターメロン・シュガー・ハイ
スイカの甘さでハイになる
ウォーターメロン・シュガー・ハイ
スイカの甘さでハイになる
ウォーターメロン・シュガー・ハイ
スイカの甘さでハイになる
ウォーターメロン・シュガー・ハイ

[Post-Chorus]
ただ味わいたい、それだけなんだ
ウォーターメロン・シュガー・ハイ

[Bridge]
夏の夜の苺みたいな味に
歌のような響き
君のお腹の感触と夏の感覚が恋しい
あれなしじゃいられないんだ

[Chorus]
スイカの甘さでハイになる
ウォーターメロン・シュガー・ハイ
スイカの甘さでハイになる
ウォーターメロン・シュガー・ハイ
スイカの甘さでハイになる
ウォーターメロン・シュガー・ハイ
スイカの甘さでハイになる
ウォーターメロン・シュガー・ハイ

[Outro]
ただ味わいたい、それだけなんだ
ウォーターメロン・シュガー・ハイ
ただ味わいたい、それだけなんだ
ウォーターメロン・シュガー・ハイ
その甘さを

曲名Watermelon Sugar
(ウォーターメロン・シュガー)
アーティスト名
(ハリー・スタイルズ)
収録アルバム
リリース日11月16日