Coffee & TV/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Do you feel like a chainstore?
チェーンストアのような感覚かい?
Practically floored
One of many zeros
無意味な床を整然と並べて
Kicked around, bored
退屈さをまき散らしてるよ
Your ears are full but you’re empty
耳の中は入って来る情報で満タンだけど中身はからっぽだね
Holding out your heart
いくら君が胸を張ったって
To people who never really
Care how you are
君がどんな気持ちかなんて誰も気にしてないよ

[Chorus]
give me coffee and TV
だから僕にコーヒーとテレビをくれよ
Easily
I’ve seen much, I’m going blind
簡単に見すぎてしまって盲目になるけどね
And I’m brain-dead, virtually
僕はもう脳死状態だよ
Sociability
It’s hard enough for me
僕にとって社交性はハードモードだから
Take me away from this big, world
このクソみたいな世界から連れ出してよ
And agree to marry me
そして結婚しようよ
can start over again
もう一度やり直せるはずさ

[Verse 2]
Do you go to the country?
あの国へ行くのかい?
It isn’t very far
そんなに遠くはないけどさ
There’s people there who will hurt you
Because of who you are
どうでもいい理由で君を傷つける奴らがいるよ
Your ears are full of the language
君の耳の中は言葉でいっぱいだろうね
There’s wisdom there, you’re sure
しかもそこには知恵があると君は確信してる
Until the words start slurring
そんな言葉に惑わされて
And you can’t find the door
君は出口を見失うよ

[Chorus Repeat 2]
give me coffee and TV
だから僕にコーヒーとテレビをくれよ
Easily
I’ve seen much, I’m going blind
簡単に見すぎてしまうから盲目になってしまうね
And I’m brain-dead, virtually
もう僕は脳死状態だろう
Sociability
It’s hard enough for me
僕にとって社交性はハードモードだから
Take me away from this big, world
僕をこのクソみたいな世界から連れ出してくれよ
And agree to marry me
そして結婚しようよ
can start over again
もう一度やり直せるはずさ

[Outro Repeat 4]
Oh, could start over again
もう一度やり直せたはずさ

曲名Coffee & TV
(コーヒー& TV)
アーティスト名
(ブラー)
収録アルバム13
リリース日1999年 (シングル)
1999年 (アルバム)

Coffee & TV/ 解説

「Coffee & TV」はイギリスのロックバンド、ブラーのシングルです。デーモン・アルバーンが作詞に行き詰まったために、ギターのグレアム・コクソンが担当することになり、ついでにメインヴォーカルまで務めた異色の作品です。

グレアムらしいローファイなサウンドですが、どことなくポップな楽曲です。歌詞もグレアムの人間性が出ててデーモンとは異なるテイストです。

MVは牛乳パックがグレアムを探し求めて大冒険する可愛らしい作品です。ラストは衝撃的でほっこりします。Twitterのロックファンが選ぶミュージックヴィデオでNo.1に輝いた実績もあります。