my future/(2020)

my future(マイ・フューチャー)は、アメリカのアーティストである(ビリー・アイリッシュ)が2020年にリリースした曲。今回はこの曲の歌詞を和訳していきます。

my future/ 歌詞和訳と意味

気が散るみたいだし
あたしがいないことにあんたも気づかないみたい
あたしはただの鏡
自分の顔色を鏡で見てみなよ
あんたの意見なんて独りよがりだってわかるから
あたしはもう行くね

聞こえないの?
「家」には向かってないよ
わかった?
もうプランは変更したの

だってあたしは恋してるの
自分の未来にね
未来の自分が楽しみで待ちきれない
そう あたしは恋してる
でも他の誰かにじゃない
自分自身を知りたいだけ

たぶんあたしは今孤独なんだ
幸せじゃないはず ってこともわかってる
「誰か」と一緒じゃなきゃね
でもその「誰か」ってあたしじゃない?
あたしはあんたの「答え」になりたい
だってあんた かっこいいし

でもわかってるよ
あんたを車で送って行かない方がいいって
だって多分家に入るよう あたしを誘うだろうし
そしたらまたあんたのモノになっちゃう

でもあたしは恋してるの
自分の未来にね
きっと未来のあたしなんか知らないよ
そう あたしは恋してる
でも他の誰かにじゃないよ
また数年後に会いましょ

「my future(マイ・フューチャー)」 – (ビリー・アイリッシュ)の歌詞を和訳

my future/ 解説

「my future」は、未来の自分への希望をまっすぐに歌った、これまでのビリー・アイリッシュにしてはかなり珍しい曲です。007の主題歌になった「No Time To Die」に続くシングルで、アニメーションで作られたMVが特徴です。

Dua Lipaの「Hallucinate」といい、コロナウイルスが蔓延してからアニメーションMVが多くなった気がしますね。やはりMVも撮影が難しくなっているからでしょうか…。海外ではドラマの撮影もストップしているらしいですしね。

コロナウイルスに多くの人の命が奪われ、未来がいかに頼りなく不確実なのかを人々が思い知らされる中、ビリーは恐怖を感じつつも「こんな時だからこそ前向きになるべきだ」と思ったそうです。

そんな思いから、コロナウイルスの感染拡大による隔離が始まった直後に「my future」が製作されました。ビリーと兄のフィニアスにしては異常に短い、2日という期間で仕上げられたそうです。

「my future」の最後のフレーズには、「時間がかかっても、きっと良くなる」というビリーの思いが込められています。なんだか月並みな感想になってしまいますが、少し希望が湧いてきますね。コロナウイルスの猛威を乗り越えたあと、ライブで「my future」を歌うビリーを見るのが楽しみです。