Recovery/ 歌詞和訳と意味

[Chorus]
まずは認めるよ、信頼は全て崩れ去ったって
ちゃんと元に戻れるように、夜は僕たちのことを祈るんだ
もう一度チャンスをくれないか、また君の顔が見られるなんて思わなかったんだ
試しては失敗して沢山のことを学んだ、正しいことをしたいんだ
正しいことを、正しいことをして
ちゃんと、今度は君をちゃんと大事にするんだ

関係性が壊れてしまったことを嘆きながらも、もう一度元に戻れる可能性を感じ、相手を取り戻すためなら必死に努力するという気持ちを伝えているようです。

[Verse 1]
君の優しさを懐かしんでる、
遠いところから君を恋しく思ってる
君も同じならいいなって思うんだ
僕が問題を起こしたことも
君を怒らせ悲しませたこともわかってる
君を遠ざけたね
もう学んだんだ、君の泣き顔を見たくないなら嘘なんかつくべきじゃないって
言葉ばかりじゃすぐに君を取り戻すことなんてできないだろうから、自分の中に抑えておくよ
やっと君のもとに戻れたから、もう他のことはどうだっていいんだ
君も同じ気持ちならいいなって思うんだ

付き合っては別れてを繰り返した元恋人セレーナ・ゴメスについての描写と思われます。ジャスティンの行動で怒ったセレーナが別れを告げ、傷ついたジャスティンは止めることもできず、それにまたセレーナが怒るという悪循環と、何度別れても互いを忘れられずにいた絆を思い起こさせる歌詞です。

[Chorus]
まずは認めるよ、信頼は全て崩れ去ったって
ちゃんと元に戻れるように、夜は僕たちのことを祈るんだ
もう一度チャンスをくれないか、また君の顔が見られるなんて思わなかったんだ
試しては失敗して沢山のことを学んだ、正しいことをしたいんだ
正しいことを、正しいことをして
ちゃんと、今度は君をちゃんと大事にするんだ

[Verse 2]
昔の気持ちを思い出して、理由を見つけようとしてたんだ
僕たちの関係があんな風に終わってしまった理由を
人生なんて何も完璧じゃないし、季節の移り変わりのように僕らも変わっていくだろう
みんなそんな風に言ったものだ
ひとりで眠る夜になるなら、
目を閉じたくないんだ
君に全てを捧げたいんだ
今度はもうためらわないよ
やっと君のもとに戻れたから、もう周りのことはどうだっていいんだ
君も同じ気持ちならいいなって思うんだ

別れてしまった理由を、過去の記憶を反芻して探そうとし、過去の過ちを悔やむと共に、今度はその過ちを繰り返さないという決意を歌っています。彼の気持ちは彼女に強く向いているようですが、彼女もまだ同じ気持ちでいてくれるかを気にしているようです。

[Chorus]
まずは認めるよ、信頼は全て崩れ去ったって
ちゃんと元に戻れるように、夜は僕たちのことを祈るんだ
もう一度チャンスをくれないか、また君の顔が見られるなんて思わなかったんだ
試しては失敗して沢山のことを学んだ、正しいことをしたいんだ
正しいことを、正しいことをして
ちゃんと、今度は君をちゃんと大事にするんだ

[Outro]
君をちゃんと大事にするんだ
わかってくれるだろう、君をちゃんと大事にするんだ
君をちゃんと大事にするんだ
わかってくれるだろう、君をちゃんと大事にするんだ
君を大事にするんだ
君をちゃんと大事にするんだ

曲名Recovery
(リカバリー)
アーティスト名
(ジャスティン・ビーバー)
収録アルバム
リリース日