What I’ve Done/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
In this farewell
この決別には
There’s no blood, there’s no alibi
血を流すような争いも、言い訳もないんだ
‘Cause I’ve drawn regret
From the truth of a thousand lies
数えきれない嘘で積み重ねた真実に後悔してるから
let mercy come and wash away
慈悲深く洗い流そう

[Chorus]
What I’ve done
自分がしてきたこと
I’ll face myself
自分自身に向き合う
To cross out what I’ve become
今の自分を抹殺する
Erase myself
自分を消し去って
And of what I’ve done
自分がしてきたことを解き放つんだ

[Verse 2]
Put to rest what you thought of me
君が思い描く俺はもう終わりにしてくれ
While I clean this slate
With the hands of uncertainty
確証なんてないけど、この手で白紙に戻すよ
let mercy come and wash away
慈悲深く洗い流そう

clean slate:白紙の状態

[Chorus]
What I’ve done
自分がしてきたこと
I’ll face myself
自分自身に向き合う
To cross out what I’ve become
今の自分を抹殺する
Erase myself
自分を消し去って
And of what I’ve done
自分がしてきたことを解き放つんだ

[Bridge]
For what I’ve done
自分がしてきたことを清算して
I start again
リスタートするんだ
And whatever pain may come
この先どんな痛みに襲われようとも
Today this ends
今日で終わりだ
I’m forgiving
受け入れていくんだ

[Chorus]
What I’ve done
自分がしてきたこと
I’ll face myself
自分自身に向き合う
To cross out what I’ve become
今の自分を抹殺する
Erase myself
自分を消し去って
And of what I’ve done
自分がしてきたことを解き放つんだ

[Outro]
(Na-na na na)
(Na-na na na)
(Na-na na na)
What I’ve done
自分がしてきたこと
(Na-na na na)
(Na-na na na)
(Na-na na na)
Forgiving what I’ve done
自分がしてきたことを受け入れていくんだ
(Na-na na na)
(Na-na na na)
(Na-na na na)
(Na-na na na)

曲名What I’ve Done
(ワット・アイヴ・ダン)
アーティスト名
(リンキン・パーク)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
(アルバム)

What I’ve Done/ 解説

「What I’ve Done」はアメリカのロックバンド、リンキン・パークの楽曲で、4年ぶりのサードアルバム『』からのファーストシングルです。映画『トランスフォーマー』の主題歌として起用されました。プロデューサーはドン・ギルモアからリック・ルービンに変わり、マイク・シノダも共同プロデューサーとして名を連ねています。

4年ぶりのアルバムはリンキン・パークのスタイルであったラップ、DJ、エレクトロのミクスチャー要素が薄れて、バンドサウンドが前面に展開してます。レッド・ホット・チリ・ペッパーズを手掛けたリック・ルービンの影響でしょうか、かなり洗練されたサウンドに仕上がってます。当時は音楽性の大胆な変更に賛否両論が起こったようです。

歌詞も過去との決別を宣言し、新たなリンキン・パークとして歩む決意表明の曲です。サウンドだけでなく歌詞も表現がシンプルです。

アルバムは全米全英チャートだけでなく日本のオリコンチャートでも1位を獲得しました。