Another One Bites the Dust/ 歌詞和訳と意味

[Intro]
Ooh, let’s go!
レッツ・ゴー!

E,G,Aの3つの音で構成されるアイコニックなイントロです。

[Verse 1]
Steve walks warily down the street
スティーブは慎重な様子で通りを歩いていく
With the brim pulled way down low
帽子の鍔は深く下げて
Ain’t no sound but the sound of his feet
聞こえるのは自分の足音だけだ
Machine guns ready to go
マシンガンは準備万端
Are you ready? Hey, are you ready for this?
用意はいいか?心構えはできてるか?
Are you hanging on the edge of your seat?
ドキドキしてるのか?
Out of the doorway the bullets rip
ドアの外では弾丸が
To the sound of the beat, yeah
ビートに合わせて炸裂だ

1929年のシカゴで起きた「聖バレンタインデーの虐殺」についてのドキュメンタリーに触発されて書かれた一節だそうです。映画のような語り口で緊張感を持たせています。

[Chorus]
Another one bites the dust
また一人倒れていく
Another one bites the dust
また一人倒れていく
And another one gone, and another one gone
また一人、また一人と死んでいく
Another one bites the dust, yeah
また一人倒れていく
Hey, I’m gonna get you too
ああ、君も道連れさ
Another one bites the dust
そしてまた一人倒れていく

“bite the dust”は直訳すると「土を噛む」ですが、転じて死を意味する表現です。1929年のシカゴで起きた「聖バレンタインデーの虐殺」で亡くなった7人を曲中に登場させています。

[Verse 2]
How do you think I’m going to get along
どうやっていけって言うんだ
Without you, when you’re gone
君がいなくなってしまったらさ
You took me for that I had
君は僕の全てを奪い去って
And kicked me out on my own
僕をひとりきりで放り出したんだ
Are you happy, are you satisfied?
幸せか、満足か?
How long can you stand the heat?
どれだけ我慢していられるだろうか
Out of the doorway the bullets rip
ドアの外では弾丸が
To the sound of the beat
ビートに合わせて炸裂だ
Look out
気を付けろ

恋愛関係の中で主導を争う様子が描かれています。

[Chorus]
Another one bites the dust
また一人倒れていく
Another one bites the dust
また一人倒れていく
And another one gone, and another one gone
また一人、また一人と死んでいく
Another one bites the dust
また一人倒れていく
Hey, I’m gonna get you, too
ああ、お前も道連れさ
Another one bites the dust
そしてまた一人倒れていく

[Bridge]
Hey
Oh, take it
受け止めろよ
Bite the dust, hey
倒れていけ
Another one bites the dust
また一人倒れていく
Another one bites the dust, ow
また一人倒れていく
Another one bites the dust, hey hey
また一人倒れていく
Another one bites the dust, hey-eh-eh
そしてまた一人倒れていく
Ooh

[Verse 3]
There are plenty of ways you can hurt a man
人を傷つけたり
And bring him to the ground
貶めるにはいろんな方法があるんだ
You can beat him, you can cheat him, you can treat him
殴ったり裏切ったり、ぞんざいに扱ったり
And leave him when he’s down, yeah
落ち込んでいる時も放っておいたりさ
But I’m ready, yes I’m ready for you
でも僕は準備万端だ、君と向き合う用意ができたんだ
I’m standing on my own two feet
自分の足で立ち上がった
Out of the doorway the bullets rip
ドアの外では弾丸が
Repeating the sound of the beat
繰り返しビートを刻んでる
Oh yeah

Verse 2で描かれたシチュエーションを思わせますが、より一般的な別れの概念について触れています。別れそうな恋人や過去の相手と醜い泥沼状態に陥っても、自分は相手に貶められることはないという自身のもと向き合っている意思が感じられます。

[Chorus]
Another one bites the dust
また一人倒れていく
Another one bites the dust
また一人倒れていく
And another one gone, and another one gone
また一人、また一人と死んでいく
Another one bites the dust, yeah
また一人倒れていく
Hey, I’m gonna get you, too
ああ、お前も道連れさ
Another one bites the dust
そしてまた一人倒れていく

[Outro]
Shoot out
撃てよ
Ay-yeah
Alright
おしまいだ

曲名Another One Bites the Dust
(アナザー・ワン・バイツ・ザ・ダスト)
アーティスト名
(クイーン)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
(アルバム)